テニス 雑誌

練習メニュー

失敗の質こそ、その人の未来

試合でチャレンジして、それを練習に活かす。

簡単なようで、これが出来る人ってなかなかいない。

試合では、常に安心安全に、出来ることだけをやってしまいがちですからね。

失敗の質、を高めていけない人に成長は無い。

逆に、良い失敗が出来ている人は、未来は明るいでしょう。

 

失敗の質こそ、その人の未来

 


 

1.質の高い失敗とは・・・?

どんな失敗、がイメージ出来ますか?

私なら、まず強い相手にしっかり「向かっていく」ようなプレーですね。

ダブルスなら前衛のポーチ、ストレートアタック、サーブ&ボレーからの逆陣形等。

やられるのは仕方ない、でも自分たちはしっかり、やるべきことをやるということです。

そうすれば、ある意味もう失敗ではないんですけどね。

やり切る、というのは一つのキーワードだと思います。

しっかりとまず、誰が見ても「やりたかったこと」が分かるように。

そこで実行出来ていれば、後は技術を磨いていくだけですから。

 

2.中途半端な失敗は、意志の弱さそのもの

質の低い失敗、これが普通です。

試合で相手のプレッシャーに負けてしまって、やるべきことが出来なかった。

させてもらえなかった・・・と感じること、多いと思います。

でも、テニスは最初はサーブから始まりますし、相手のセカンドサーブなら何とか返すことが出来る。

手も足も出ない、ような試合って無いはずなんです。

格闘技のように、負傷して攻撃出来ない、ということも無いですしね。

要は、意志を強く持てるかどうか。

勝てないにしても、質の高い失敗して練習の土台にしよう、という意気込みがあるかどうか。

これって、その人自身の未来そのもの、なんですよね。

 

3.本質を見極めて、自分の弱さと向き合おう

私自身、簡単ではありませんでした。

昔は下手なくせにプライドだけ高くて、なかなか自分と向き合えなかった。

失敗は全て、相手が上手い、相手のせい。

自分の意志が弱い部分だったり、目を背けているところ、を受け入れることが出来なかったんですよね。

これでは、質の低い失敗、チャレンジばかり。

「この失敗の本質は、何なんだろう」と、本気で考えることが出来るかどうか。

試合に勝ちたいなら、自分の弱い部分と向き合わないと強くはなれないですから。

その勇気、受け入れる意志があるかどうか、ですね。

 

4.そして初めて、成功の素になる

本気の失敗、質の高い失敗こそ、成功の素になる。

なぜなら、その素になる部分を練習で養えるからです。

質の低い失敗では、練習の素が得られない。

自分もどこかやりきっていないので、「次は本気出すか・・・」となって逃げてしまう。

学生ではない私たちは、とにかく時間が無いしコートに立って打てるボールも少ないですよね。

本気で失敗して、本気で成功の素を作っていくしかないんです。

試合で勝つ為には。

 

「あ、これか!」という、コツを掴んだ瞬間。

それは、本気の失敗を何度か繰り返した人にだけ、訪れます。

練習でコツを掴むことが出来るのは、試合で質の高い失敗している人だけ。

大胆にいきましょうよ。

強い相手との試合、タダで負けるなんて嫌じゃないですか。

せめて、成功の素、を持ち帰れるように。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

  2. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  3. 練習メニュー

    前に落とされると弱い、根本的な要因は?

    「前に落とされると、弱いんです…」という方を、結構な割合で見る気がし…

  4. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  5. テニス スポーツ
  6. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」…
  4. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?
  5. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意
PAGE TOP