テニス 準備

練習メニュー

「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやってみよう!

ダブルスの試合で多くなる、ロブを打ったりそのロブをカットしたりする場面。

この練習としては、いつものボレー対ストロークでは少し物足りない。

では、どんな工夫をすれば良いのか・・・というときに、一つのアイデアをご紹介します。

ボレー側が、「コート上にボールを落とさない」という形でルールを作ってみると、すごくハードで良い練習になるんです!

 

「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやってみよう!

 


 

■ボレー対ストロークのラリー練習をコート縦半面でやってみる

コートを縦半面、ストレートでボレー対ストロークのラリーの練習を実践している方は多いと思います。

通常のラリーでもロブを混ぜたり、で良い練習になりますが、よりボレーヤー側の動きをハードにしたいときは、「ノーバウンド限定」のルールを作ってみましょう。

ボレーヤー側のボレーは、ドロップボレー禁止でひたすら深く返球することに注力。

ネットに近付き過ぎるとロブがケアできないし、ロブをケアし過ぎると前のスペースに落とされる。

 

■ボールスピードをコントロールして、ポジションを戻す練習に

ボレーヤー側は、速いボールを打っているとすぐにやられてしまいます。

何せ、最適なポジションに戻る時間が無いと、コート上にボールを落とすことが出来ないのでカバー出来ない。

これくらい広い範囲のカバーを出来るようになると、試合では楽に感じるはずです。

特にハイボレーでロブをカットするような技術、これをしかも相手コート深く返球するにはしっかり練習したい。

実戦では欠かせない技術ですから、ストローク側も意識して狙いましょう。

 

■ベースラインよりネット側、2メートルくらいにラインを引いてコートを狭くする

慣れてきたら、ポイントの得失数を計算して競い合いましょう。

そこで問題なのが、このルールがと「ボレーヤー側が不利!」だということ。

ですので、ベースラインよりネット側に2メートル近付いたあたりにラインを引いて、有効なコートを狭くしましょう。

これくらいの長さであれば、ノーバウンドで全て処理できるような動き、出来るはずです。

ストローク側も遠慮なく足元に沈める、ロブを使う・・・など、組み合わせで相手を動かしていけるようになるでしょう。

 

遅いボールで、安全に相手を動かす。

この感覚が身に付くと、試合では本当に楽になります。

速いショットで攻撃していくのは、自分の準備も大変だしリスクも高い。

1回戦、2回戦くらいまでは、遅いボールの配球だけで勝ち上がれると理想ですね。

特にダブルス、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由

    テニスの練習には、「球出し」が付き物。テニスコーチでなくとも、…

  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  3. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

    雨、雨、雨・・・。テニス部やサークルにとって、悩ましい問題です…

  4. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  6. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピ…
  3. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を
  5. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
PAGE TOP