テニス ダブルス

戦術

テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

不思議と、テニスの試合では多くこんな場面を観る。

チャンスになって、急に自分のショットを強くしたり速くしていく人。

オープンスペースに打ち込むショットって、そんなに精度高く必要ですか?

 

テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

 


 

■チャンスを決めるのに、いつも以上のショットは必要?

相手を走らせて、オープンスペースを作ってチャンスを決める。

このときに、急にショットの精度を上げようとして、結果的に上手くいかない。

こんな人は、試合で勝てない人の典型例。

いつも通りに打っても決まるのに、なぜか良いところを魅せようとしているとき、アナタもありませんか?

 

■チャンスを決める、のではなく繰り返す

結果的に、いつも通りスピードのショットで打って、相手に追いつかれる。

それでも、アナタのチャンスが続けばそれで充分。

特にシングルスの試合では、これくらいの感覚で相手を追い詰めていった方が試合に勝てる。

無理にノータッチエースを狙っても、相手のポイントになる確率が上がるだけ。

それって本当に、もったいないです。

 

■試合ではどんな形でも、同じ1ポイント

繰り返しますが、テニスには芸術点は無い。

相手のミスでもキレイなポイントでも、同じ1ポイントです。

だからこそ、しっかりアナタがポイントにつながるように考えないといけない、ということ。

でもアナタ自身、どこか芸術点の高い得点を求めていないですか?

周りのどう思われるか、よりもどうやって目の前の試合に勝つか、を大事に考えていきましょう!

 

練習通りに試合をする。

このことは、特にアナタがチャンスの場面で現れまず。

だからこそ、普段の練習から意識する。

チャンスこそ、平常心。

平常の、自分のショットでOK。

この意識だけで、試合がグッと楽に勝てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性

    「もっと緩急をつけて!!」テニスのレッスンの中でそう注意するこ…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  4. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  6. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部…
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう
  4. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  5. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本
PAGE TOP