テニス 体力

戦術

力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。

こういう人は、明らかに何かがおかしい、変えないといけない。

体力の消耗って、試合の序盤の入り方、が私は大事だと思っています。

力んで入って、使わなくていい体力、消耗していませんか?

 

力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

 


 

1.ラケットを強く握れば、それだけで疲れるのがテニス

テニスの試合、疲れやすい人はずっとグリップを握りしめている。

ボールを打っていない時も、ポイント間でも・・・試合だと、常に力が入っている人、意外と多いです。

こういう人は、序盤から力み過ぎ。

力で何とかしよう、自分の全力を出そう・・・と、勇んでいる感じがすごく伝わってきます。

これは、使わなくて良い体力。

もっとリラックスして、試合の最初は60%くらいの感覚で入ってみる、でちょうど良いでしょう。

 

2.緊張感こそ、疲労の元である

皆さんも、普段の練習だったら2時間、3時間、平気ですよね。

でも、試合だと序盤の30分で疲れてしまう。

これって、緊張感が原因になっていることが多い。

緊張した場面では、人ってちょっとしたことですぐに疲れるし、上手くいかないと余計に拍車がかかる。

それがテニスの試合、というものです。

緊張感がある場面こそ、自分で深呼吸したりポイント間に時間を使ったりしながら、疲労をコントロールしていく意識を持ちましょう。

 

3.リラックスして試合に入る為に、何が出来るだろう?

気合いを入れて入ることは、とても良いこと。

でも、同時にリラックスして試合に入ってしっかり相手とラリーする、ことの方が、もっと大事。

特に上半身ですね。

下半身はしっかり足を動かしているけど、上半身はリラックスして打つ瞬間以外は脱力出来るかどうか。

これを、試合の特に序盤に意識してみて下さい。

試合の後半は、嫌でも力が入ることが増える。

そう考えて、貯金を蓄えておく感覚、をオススメします。

 

きっと、試合の中で不安な部分があると、序盤から強くラケットを握ってしまう。

そんなに不安にならなくても、60%の力で充分に試合は作れるはず。

力を込めて、本当に消耗するなら、試合の後半で。

前半の戦い方、一緒に見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

    大事なポイントでは、誰でも緊張する。それを「メンタルが弱い」と…

  3. 戦術

    クロスに打つ?ストレートに打つ?

    テニスでショットを打つコース、大きく分けるとこの2つですよね。…

  4. 戦術

    試合に勝つ前段階のゴール、を設定しよう

    試合に出るからには勝ちたい、勝たないといけない。テニスの試合…

  5. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

    試合で「遅いボール」を混ぜること。勇気要りますよね・・・でも、…

  6. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  4. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
PAGE TOP