サーブ

シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない

目次

シングルスの試合で、相手に許してはいけないこと。

自分が打ったサーブを、ただ単にポワーンと山なりなリターンで返されること。

これを打たれている内は、アナタ自身サーブの後の工夫が足りない。

「まず返せば、そこからで良いや」と相手に思われている。

これでは、シングルスの試合は厳しいでしょう。

 
 

甘いリターン、なぜ許す?

アナタ自身が、しっかり打ったサーブ。

そのボールをリターン、ただ相手は山なりに返すだけ。

これを、許しているから試合で勝てない。

相手は、「まず返して、そこからだな」と余裕を持ってプレーしていますよね。

甘いリターンを打っても、やられないなんて楽な試合。

そう思われている、可能性大ですよ。



サーブ&ボレーを、アクセントに

だから、これが必要なんです。

シングルスの試合でも、サーブ&ボレー、を入れていく。

そうすると、相手はリターンを簡単に返せなくなる。

山なりに返して相手が前に出て来ると、ボレーで決められる可能性が高いですからね。

少なからず、恐怖心が芽生えて来る。

サーブ&ボレーを入れないと、この山なりなリターンだけで対応出来る、と思われてしまいますからね。

アクセント、相手へのプレッシャー、の意味で必要なんです。



1回やれば、効果大!

1回でも試合の序盤にやれば、効果大でしょう。

相手からすると、アナタ自身が「サーブ&ボレーも出来る人」になる訳ですから。

1回やるだけで、山なりなリターンが危ない、と相手は思って来る。

もしサーブ&ボレーしないにしても、相手は残像で残ってますから。

サーブの後のポジショニングは、アナタ自身でしっかり出し入れが出来る部分ですから。

1回、試合の序盤に入れてみる。

これだけで、かなり変わって来ると思いますよ。



流れを確認してみましょう

本当に、シンプルに。

相手の意表を突くようなイメージです。

難しいことはしない、シンプルに考えて入れていきましょう。

しっかり前に出る決断して、サーブを打つこと。

打った方向に詰めていく、のが大事です。

オープンコートにしっかり打てば、大丈夫。

狙い過ぎない、相手を走らせることを意識。

シングルスの試合、アドサイドから右利きの方が使えると、フォアボレーも打ちやすい。

ぜひ、試してみて下さい。

→YouTube公式チャンネル登録はコチラ

   

やった者勝ち、ですよ

あまり、シングルスの試合でやる人が少ないから、つい億劫になりますよね。

でも、見て分かる通りそんなに難しいことではない。

やった者勝ちですし、相手にプレッシャーをかけてリターンミスを誘えるのも良いところ。

たまに入れる、だけで全然試合のリズムは変わって来ます。

ぜひ、シングルス草トープレイヤーのみなさん、トライしてみて下さい!



短く終えるポイントがあると、体力も温存出来ますしね。

試合の序盤でネットでポイント、しかもシングルスの試合なんて・・・最高じゃないですか。

1セットマッチで相手の出鼻をくじくには、良い飛び道具。

持っておいて、損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

    先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があ…

  4. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  5. テニス 構え
  6. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  2. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    憧れから、参考へ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる…
  5. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
PAGE TOP