テニス メンタル

サーブ

セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。

それは、こういう目標値を持っている。

セカンドサーブ、になった時点で、アナタ自身の思考はどうでしょうか?

ただ、サーブを打つこと、だけで頭がいっぱいじゃないですか?

試合の中で、トータルで、これで良い。

そう考えると、凄く試合を進めやすいですよ。

 

セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

 

1.50%で良い、と考えると楽

私は、すごく楽。

50%で良いと思えば、気持ちも楽になるしリラックス出来る。

いや、実際にセカンドサーブからのポイントを50%取るのって、すごく大変ですよ。

ストローク主体の錦織選手ですら、調子が良いときに50~60%でしたからね。

だからこそ、アナタ自身も目指す価値がある。

そう思いませんか?

一緒に目指していく、一つの指針にしていくことに価値があると、私が思いますよ。

 

2.セカンドサーブで50%のポイント奪取、に必要なものは何だろう?

実際に、セカンドサーブで50%のポイントを獲得する、ことに必要なことは何でしょうか?

まず、当然ダブルフォルトは減らしたい。

そして、相手から攻撃的なリターン、を打たれるのも減らさないといけませんよね。

速くなくても、コースを散らして相手に的を絞らせない、ことが第一でしょう。

セカンドサーブになったら、普通は相手は前に入って来ます。

そこで、しっかりセンターに打ったり、相手が狙うグリップ、を外すサーブは必要です。

これがあるだけで、相手は嫌。

セカンドサーブを、どう試合で打っていくのか。

これは、アナタ自身が真剣に考えるべきポイントです。

 

3.セカンドサーブ、強気でいこう!

50%を狙うなら、強気でいきましょう!

あえて言います、私はダブルフォルトだってあって良い。

それを怖がって、入れにいくようなサーブを打ち続けることが一番ダメ。

セカンドサーブも、しっかりラケットを振っていく。

そして、2.で書いたようにコースを考えていく。

アナタ自身、この覚悟をしっかり持ちましょう。

強気で攻撃してくこと、が50%のキーワードになる。

そしてこの50%という数値は、試合全体で管理していくこと、感覚が大事です。

 

4.試合全体で50%、を意識すれば楽になる

例えば、セカンドサーブでもポイントが取れているとき。

50%どころかもっと取れているなら、もっとセカンドサーブでも強気に出て良い。

一気に相手を引き離す、くらいのノリノリ、な感じで良いでしょう。

逆に、20%くらいになっていたら、何かを変えないと厳しい。

まずは、試合中に気付くかどうか、なんですよ。

このセカンドサーブからのポイント奪取率に、試合中盤で気付ける人は試合を取り戻せる。

修正して、バランスを取ろうとすること、が出来る。

全体を俯瞰して見れている人は、ここに気付いて調整出来る。

50%で試合を着地、させる為にはどういうセカンドサーブが必要なのか。

相手によっても、変わりますよね。

 

練習、セカンドサーブ、しっかり出来てますか?

ただ打って終わり、な練習だと物足りないですよね。

だって、50%を狙うんですから、明確に。

相手がリターンして、そのポイントをどう奪取していくのか。

この問題、もっと真剣に考えるべきでしょう。

私の感覚では、50%取れていれば負けない、テニスの試合では。

騙されたと思って、自分の指標で置いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  2. テニス サーブ
  3. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  5. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ
  2. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  5. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう
PAGE TOP