テニス メンタル

サーブ

セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。

それは、こういう目標値を持っている。

セカンドサーブ、になった時点で、アナタ自身の思考はどうでしょうか?

ただ、サーブを打つこと、だけで頭がいっぱいじゃないですか?

試合の中で、トータルで、これで良い。

そう考えると、凄く試合を進めやすいですよ。

 

セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

 

1.50%で良い、と考えると楽

私は、すごく楽。

50%で良いと思えば、気持ちも楽になるしリラックス出来る。

いや、実際にセカンドサーブからのポイントを50%取るのって、すごく大変ですよ。

ストローク主体の錦織選手ですら、調子が良いときに50~60%でしたからね。

だからこそ、アナタ自身も目指す価値がある。

そう思いませんか?

一緒に目指していく、一つの指針にしていくことに価値があると、私が思いますよ。

 

2.セカンドサーブで50%のポイント奪取、に必要なものは何だろう?

実際に、セカンドサーブで50%のポイントを獲得する、ことに必要なことは何でしょうか?

まず、当然ダブルフォルトは減らしたい。

そして、相手から攻撃的なリターン、を打たれるのも減らさないといけませんよね。

速くなくても、コースを散らして相手に的を絞らせない、ことが第一でしょう。

セカンドサーブになったら、普通は相手は前に入って来ます。

そこで、しっかりセンターに打ったり、相手が狙うグリップ、を外すサーブは必要です。

これがあるだけで、相手は嫌。

セカンドサーブを、どう試合で打っていくのか。

これは、アナタ自身が真剣に考えるべきポイントです。

 

3.セカンドサーブ、強気でいこう!

50%を狙うなら、強気でいきましょう!

あえて言います、私はダブルフォルトだってあって良い。

それを怖がって、入れにいくようなサーブを打ち続けることが一番ダメ。

セカンドサーブも、しっかりラケットを振っていく。

そして、2.で書いたようにコースを考えていく。

アナタ自身、この覚悟をしっかり持ちましょう。

強気で攻撃してくこと、が50%のキーワードになる。

そしてこの50%という数値は、試合全体で管理していくこと、感覚が大事です。

 

4.試合全体で50%、を意識すれば楽になる

例えば、セカンドサーブでもポイントが取れているとき。

50%どころかもっと取れているなら、もっとセカンドサーブでも強気に出て良い。

一気に相手を引き離す、くらいのノリノリ、な感じで良いでしょう。

逆に、20%くらいになっていたら、何かを変えないと厳しい。

まずは、試合中に気付くかどうか、なんですよ。

このセカンドサーブからのポイント奪取率に、試合中盤で気付ける人は試合を取り戻せる。

修正して、バランスを取ろうとすること、が出来る。

全体を俯瞰して見れている人は、ここに気付いて調整出来る。

50%で試合を着地、させる為にはどういうセカンドサーブが必要なのか。

相手によっても、変わりますよね。

 

練習、セカンドサーブ、しっかり出来てますか?

ただ打って終わり、な練習だと物足りないですよね。

だって、50%を狙うんですから、明確に。

相手がリターンして、そのポイントをどう奪取していくのか。

この問題、もっと真剣に考えるべきでしょう。

私の感覚では、50%取れていれば負けない、テニスの試合では。

騙されたと思って、自分の指標で置いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

    「今日の相手の実力は、どの程度だろう・・・?」と考えながら、試合に入っ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  5. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい

    サービスゲーム、あと1ゲームで勝ち。サービングフォーザマッチ、…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!

    サーブを最初に覚える時、とにかくコントロールを優先して、当てるだけのサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
  2. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲーム…
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
PAGE TOP