サーブ

セカンドサーブの基本を再発見

テニスの試合に出ている方なら、必ず悩んだことがあるテーマ。

それって「セカンドサーブ」じゃないでしょうか?

ミスすれば即失点、でも入れるだけなら叩かれる…という想いで苦手意識も強くなり、迷いながら今に至っている方も多いと思います。

もちろん、私もその一人です。

セカンドサーブからの得点率…多分相当低いはず。

でも、そこを払拭できるようなちょっとしたコツ、最近改めて気付きました。

ちょっとこれは書いておこうかなと!

あくまで基本となる部分ですが、皆さんもご自身で見直してみて損は無いはずです。

キーワードは「ベースライン」

今回のキーワードは、「ベースライン」。

そう、サーブを時に踏まないようにする、自分のコートのベースラインです。

ここをどう意識するのか?私が最近意識しているのは、「ラケットがベースラインを越えない」ということだけ。

そう、ベースラインよりネット寄り、相手側にラケットが出ないようにする。

もう、これだけです。

上にしっかりラケットを振れば大丈夫。

ベースラインよりラケットが前に出なくても、ちゃんと良いサーブは打てます。

それどころか、ベースラインを越えて相手方向にラケットが出ていくサーブは危険なんじゃないかと。

セカンドサーブでは、特にそう感じています。

皆さん、今そこで自分のサーブをイメージしてみて下さい。

きっとベースラインよりもラケットは前に、相手方向に出ているはずなんです。

回転量が多く、山なりなサーブになる

良いサーブ、特にセカンドサーブで必要な要素は何でしょう?

確率も大事ですが、「バウンド後に力が残っているサーブ」がポイントですよね。

そういうサーブはボールの軌道が高く、回転量が多い。

ここに、ベースラインを基準にしたラケットワークの秘訣があります。

ラケットが前に出ないので、振り抜きは自然と上方向になる。

そして回転量が多くなり、軌道も山なりになるはずなんです。

「でもそれは、薄いグリップで打てる人なら良いけど…」と思う方もいるでしょう。

そうなんです、ここで薄いグリップが必要という話になります。

もしグリップが厚いままで良い、そのスタイルでいきたいという方は、ラケットをベースラインより前に出してくしかないと思います。

薄いグリップで打てる、これからチャレンジしていきたい、という方はこのやり方をぜひ試してみて下さい。

そこでもう一つ、ラケットの動き以外でも大事なポイントがあります。

頭の位置と姿勢をキープ!

トスアップの後の態勢、みなさんはどうでしょうか?

知らず知らずのうちに、傾いて倒れる、これに気付けるかどうかです。

ラケットがベースラインより前に出ないようにするには、姿勢が良くないと無理なんですよね。

仰反るような態勢になると、ラケットの動きはコントロールできない。

良い姿勢で、どっしり構えておく。

軽く膝を曲げて、上を向きすぎない、目線だけトスアップしたボールに向ける。

この「目線だけ」って大きなポイントです。

上を向いてしまうと、それだけでもうバランスは崩れがちなんです。

目線だけで上を見る癖を付けて、ラケットを上方向に振り抜く。

それだけで良いセカンドサーブへの第一歩です。

ちょっとしたコツですが、最近私が意識していることをまとめてみました。

最初は当然、入らなくてOK。

良い当たりを探すまで、ぜひ意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

  2. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えてお…
  4. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
PAGE TOP