テニス テニススクール

練習メニュー

テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコートで聞きます。

すごく大事、本当に大事。

ですが・・・実際は、どうでしょうか?

各自の部員、チームメイト、がどんな想定をしているのか?

それは、目に見えない。

だからこそ、常にお互いで確認しあって同じレベルの「試合」をイメージする必要があるのです。

 

テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

 


 

■イメージする試合、それは「練習試合」かも知れない

テニスにレベル差が生じていれば、イメージする試合も違う。

極端な話、全国大会に出て活躍したいと本気で考えている選手と、まずレギュラーになりたい、と考えている選手ではイメージしている試合が違う。

もしかすると、練習試合にすら勝てていない部員は、練習試合をイメージしながら練習しているかも知れません。

もちろん、各自で目標が違えばそれも仕方ないのですが、テニス部のようなチームで練習するときには「チームの目標」を意識したい。

まず団体戦で、どこを目指すのか。

プラスして個人戦で自分は、どこを目指すのか。

どの試合をイメージする練習なのかは、しっかり共通認識を持っておきましょう。

 

■団体戦をイメージすると、どんな練習ができる?

団体戦をイメージすると、どんな練習が効果的なのか。

まずは、簡単なミスが出来ない。

隣で仲間がプレーする場合もある団体戦は、粘りの無いプレーは周りにも悪影響を与えます。

そして、応援の中でプレッシャーがかかる場面でのサーブや積極策、には勇気が要りますよね。

普段の部活の中でも、団体戦の歓声やプレッシャーまでイメージ出来ていますか?

ここは、想像力勝負。

練習ですが時には応援係や、ブーイング係を作ってみても良いかも知れない。

人数が少ない、いつもの学校のテニスコートでも、想像力や工夫で試合に近いイメージは作り上げられます。

 

■練習のときに「カウント」をイメージするだけでも違う

私は練習のときに、いつも口癖のように「30-40」 や「40-15」という感じで、つぶやく。

カウントを想定して、自分がどんなプレーが基本になるのかをイメージするためです。

何も考えないでただラリーだけしていても、それは試合をイメージした練習ではない。

30-40なら粘らないといけないし、40-15なら武器を出していきたい。

こういうシチュエーションは、試合でも多くあるはずです。

練習からカウントを意識する、イメージすることは工夫次第でいくらでも出来ます。

 

試合を想定した練習、まだまだたくさん工夫出来るはず。

落ちているボールを無くす、ボールボーイ係を作る、セルフジャッジをしっかりする・・・のも大事。

よく練習だと、微妙なオンラインのジャッジって、曖昧になっていませんか?

入っていたのか、アウトだったのかはしっかり相手に伝えてあげたい。

試合でしっかりしたセルフジャッジが出来るように、練習からの癖作りも大事。

試合をイメージした練習、チーム皆で再度、考えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  2. 練習メニュー

    〇〇が苦手な人は、ただ練習不足なだけ

    みなさんも苦手なこと、ありますよね。テニスに限らず、例えば人…

  3. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険

    テニスは練習で上手くなる。これは、ある意味危険な発想だと私は思…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

特集記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ
  2. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で必要な、「回転量を増やした高い軌道のサーブ」を、今年こそ身に付けた…
  5. テニス メモ

    日々の雑記

    「本音でメルマガ」を始めます
PAGE TOP