テニス 指導

メンタル

テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。

確かに、試合になると別人のように力を発揮する人も、いるでしょう。

ですがその逆、の方がむしろ試合には出やすい。

非日常のようで、実は日常の中の細かい部分が出てしまう。

それがテニスの「試合」です。

 

テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

 


 

1.試合は実は、アナタのイメージ通りに進んでいる

皆さんも、経験無いですか?

「いやー今日の試合は、全然思い通りにいかなかったわ・・・」と話していても、実はそうじゃない。

自分では理解していて、「まぁ、そうなるよな。。苦手なバックハンド、やっぱり攻撃されて返せなかったし・・・」と、感じている。

試合前に考えていること、思考はほぼ現実になる。

これは、テニスの試合の中でまず覚悟していおかないといけないこと、なんです。

 

2.思考が現実になる、と思えば思考を変えれば良い

準備段階で、思考を変えてみる。

例えば先ほど書いたように、バックハンドが苦手ならあえて「相手に狙わせてみる」ことを意識してみる。

自分がフォアハンドを空けて待てば、バックハンドの狭いスペースを狙わせてアウトも狙えるし、リターンのポジションで揺さぶることも出来る。

つまり、苦手な部分を逆に武器として活用しちゃう訳です。

これも一種の、思考の改善。

思考が現実になるテニスの試合では、いかに自分をコントロールするか、が大事なんです。

 

3.みなさんに足りないのは、圧倒的に「言葉」です

私が何度もテニスノートを勧めるのは、「言葉」が身に付くから。

自分のテニスを言葉に出来ないと、思考を変えることも理解することも出来ないのです。

何となく「ボーっと」練習をして、試合をして、また繰り返し。

これでは、「思考が現実になっているかどうか」も本当は分からない。

ただ自分をメンタルが弱い人、と決めつけて諦める・・・のって、悲しくないですか?

 

言葉を意識して多く使い、自分のテニスを言葉にしてみる。

これだけで、思考が変わり行動が変わり、テニスが変わり結果が変わります。

私自身、この記事を書いているのは自分の思考を整理して変えて、テニスの試合で勝ちたいから。

誰でも出来ること、やるかやらないかはアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない

    試合の中で、自分で勝手に自分のショットを評価する人。それも、大…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

  5. テニス 調子

    メンタル

    テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」ということ

    テニスの試合で、勝ち続けることが出来る人。それはメンタルの強さ…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

特集記事

  1. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです
  2. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
  4. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
PAGE TOP