テニス メンタル

ストローク

将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

目次

最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをしたいのですが、何か身に付けておくことはありますか?」という内容でした。

私はシンプルに、この技術だけ練習しておくと良いでしょう。

きっとアルバイトだけじゃなく、自分のテニス向上のためにも必要だと思います!

 

将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

 


 

1.両手バックハンドが多い、時代だからこそ

片手バックハンドの選手、減少傾向にあります。

特に女性選手だと、プロ選手で片手バックハンドストローク、ボレーを実践している選手は限られている。

限られているからこそ、そこに価値があると私は思っています。

実際に片手バックハンドストローク、打ってみて下さい。

ソフトテニス経験者の方でも、硬式テニスは難しい。

しっかりスピン回転をかけて振り切る、には相当練習しないといけません。

打ち方からグリップまで独特、ですから。

これを研究していく過程こそ、実はテニスコーチにとって大事な経験になるのです。

 

2.「出来ることしかやらない」選手が、テニスコーチなんて絶対務まらない

私は、そうこう思います。

自分で新しいことにチャレンジしない、研究意欲が無い人が、人にテニスを教えるなんて出来ない。

自分がトライしてみるからこそ、出来ない人の気持ちが分かるし、出来た時の嬉しさが感じられる。

自分で経験してきたことは、自信を持って伝えられる。

意外と、自分のことに精一杯で出来ることだけやっている、練習している無難なテニス選手は多いですよね。

テニスコーチ、を志すなら自分自身を変えていかないと。

新しいこと、例えば片手バックハンドストロークでも、どんどんチャレンジしてみることが大事なんです。

 

3.「片手」を身に付けていると、もう1つの大きなメリットが!

「新しいことにチャレンジする、覚える」こと以外も、片手バックハンドを身に付けるメリットはあります。

それは、片方の手でたくさんのボールを持って、生徒とラリー出来る、という点。

初心者の方とのラリーでは、なかなか生徒さんも上手く続かない。

そこで一回一回、ボールカゴに取りに戻っていたらきりが無いし、生徒も委縮するだけ。

両手バックハンドストロークしか打てないと・・・・常に両手を空けていないと、ラリー出来ない。

これだとレッスンは厳しい、と思います。

 

難しいことにチャレンジしていく、ことは意識しないと出来ない。

「テニスコーチにチャレンジしたい」のを良いきっかけに、出来ると良いですね。

今思い出しても、コーチってテニスの特権です。

学生のうちからチャレンジ出来て、幅広い人と一緒に仕事が密に出来る。

片手バックハンド一つ、ですが、すごく大事にして欲しいことだと私は思います。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?

    相手を走らせて、完全にコートから追い出したとき。後は決めるだけ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  4. テニス 戦術
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント

    フォアハンドは得意だけど、バックハンドがどうも・・・当たらない。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ
  2. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  4. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  5. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人
PAGE TOP