テニス メンタル

戦術

頭の良いテニスは、決まった型がある

頭脳プレーでやられた、みたいな試合。

こういう試合って、ある程度プレーに型があるとは思いませんか?

これに気付いて、自分でも実践出来れば強い。

そしてそこから、しっかり自分の中でカスタマイズ出来るかどうか、です。

 

頭の良いテニスは、決まった型がある

 


 

1.コートを三次元に使えるかどうか、が肝になる

結論、私はこれだと思います。

空間をしっかり、使えるかどうか。

まず大事な要素としては、ロブですね。

「またその話か・・・」と思う方ほど、実はそういうロブにやられている。

そのことに気付いているけど、どこかで受け入れられない人が多いんですよね。

頭の良いテニスって、どんどん相手にリスクを冒させるテニス。

これが基本の考え方、です。

 

2.相手は危ない場所に、自分は安全な場所に

この2つがキーワード、になります。

相手は出来るだけ、危ない場所に追いやる。

下がりながらスマッシュを打つ、ようなシチュエーションに相手を追い込むだけで、かなり相手は打ち辛いはず。

もちろん、レベルにも寄るでしょうが、下がりながらスマッシュ、をしっかり打てる人なんてそういない。

自分たちも、下がって拾える場所にいれば良い訳ですからね。

安全な場所、と言えば語弊があるかも知れませんが、簡単には決められない場所、に立つことを意識すれば大丈夫。

相手に無理させて、そのショットが決まれば仕方無いですからね。

事故だと思って無視、していきましょう。

 

3.相手を前後に動かす型、を身に付けよう

なるべく相手を動かすこと、それも前後に。

言い方は悪いですけど、頭が悪い人って相手を左右に動かすことしか考えてないんですよね。

左右のコーナーに散らすこと、だけはすごく熱心。

前後に走らせるショット、を使える型があれば、それはすごく頭の良いテニスの型になるはず。

ドロップショット、ロブ、ショートクロス、なぜこういったショットが有効かと言えば、答えは簡単。

相手は普段、ベースラインでのテニスしか練習していない可能性が高いから。

特に、学生のシングルス主体のみなさんは、そうでしょう。

ちょっと相手のポジションを変えてあげるだけで、楽に勝てる試合も増えるはず。

そうやって勝つ型、を身に付けていくことが、アナタにとって何より大事なはずです。

 

4.決まった型、を徹底して練習しよう

相手を動かして、最後に無理をさせる。

こういうパターンって、実はそう多くなりません。

ドロップショットで前に引っ張り出して、ロブで更に走らせる。

相手がネットにいるときには、下げるロブを触らせて無理させる。

実際に、試合で多くのパターンはこれを多少変えたくらい、でしょう。

アナタ自身のプレースタイル、得意ショットに応じてカスタマイズすればOK。

大事なのは、自分で型を作って試合でいつも通り、使っていくということです。

 

実際に、頭の良いテニスの雰囲気って、共通点がありますよね。

この共通点、をしっかり自分のものに出来るかどうか。

本気で取り組めば、たくさんのトライと失敗があるはず。

でも、戦い方を変えない限り、結果は変わらない。

さぁ、あとは取り組むかどうかですね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか

    試合で自分より下、というかほぼ初心者の人と対戦する・・・。どう…

  2. 戦術

    アグレッシブにいく、その線引きは?

    試合の中で、どこで攻撃的にプレーするのか。具体的なスコア、ゲ…

  3. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

    試合に出ていると、練習と違うこと多くありますよね。相手も自分を…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  5. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?

    意外と似ているようで、違うもの。それは、オムニコートとクレーコ…

  6. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

    私はまだ皆さんにお会いしたことはありません。だからどんなテニス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
  2. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
  5. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
PAGE TOP