戦術

ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?

初見の相手だって、そうだと思います。

何か分かりやすい武器がある選手なら、それを警戒すれば良い。

でも、守備的な選手って目に見えて何かが凄い、と感じないから厄介、なんですよね。

 

ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

 

1.能ある鷹は、爪を隠す

頭が良い選手は、簡単に自分をさらけ出さない。

テニス界って、中途半端に強い人ってすぐに自分を出したがるじゃないですか。

サーブにリターン、バンバン打っていくこと、で自分を主張する人は多い。

確かに凄いショット、は脅威ですが、それが凄いと気付かれてからが試合では勝負。

ほとんどの選手は、警戒されたら自分の武器を出せない、攻略されてしまう。

そう、能ある鷹はいつだって爪を隠して、簡単には見せてくれないんです。

 

2.守備力が高い選手は、なかなか分かり辛い

みなさんも、試合で感じませんか?

「この選手・・・やり辛い・・・」と。

何だか粘り強いし、簡単にミスをしない、色々なことを仕掛けて来る。

こういう相手って、気付いた時にはもうスコアが2-5とかになっていて、挽回が難しいようなケース、多いですよね。

ミスが少ない相手に、挽回していくのはテニスの試合では本当に厳しい。

早めに、守備力が高い相手を把握すること、それから攻略法を持つこと。

これが、アナタ自身に必要なことでしょう。

 

3.個性を出してくれるのは、6往復目くらいから

テニスの試合って、どの程度ラリー続いてますか?

私は、試合の序盤はとにかく長く、相手と会話するようにしています。

なぜなら、ほとんどの相手は大体6往復目、くらいから個性を出してくれるから。

粘り強い、守備的な相手でも、5往復くらいラリーが続くと、何か動きを入れたくなってくるんですよ。

欲が出たり、自分から攻撃したくなる。

そうなると、隙が出来るし特徴が見えて来ますよね。

ちょっとしんどいですが、試合の序盤で長いラリーのポイントを作っておくこと。

これが、爪を隠している守備的な相手、への秘策になります。

 

4.アナタ自身、爪を隠しながら5往復、ラリー出来る?

実際の試合では、相手だってアナタを見ている。

簡単に特徴を見せる、自分をさらけ出す必要はありません。

私も序盤にネットには出ますが、「ネットプレーが主役です!」という主張まではしない。

試合の後半には、もうバレるくらい出て良いと思いますけど。

「自分はこういう選手です」という自己主張、はしても良い、だけど正直にする必要はありません。

試合が終わってみて、バレているくらいで良いんです。

テニスの試合って、こういう印象値操作、みたいなものも駆け引きとして必要ですからね。

 

ディフェンス力の高い相手、をとにかく見くびらないこと。

早く把握して、特徴をさらけ出してあげる。

きっと、ラリーが短い序盤のポイントが多いと、あっという間に試合が終わってしまうと思うんですよね。

対策さえもっておけば、怖く無い。

ちょっとしたヒント、になれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!

    相手が打つ前、隙を突いて動きたい。ダブルスのポーチのような場面…

  2. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻め方

    さぁ、試合シーズンだ!!夏は大会がたくさんあるからね。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  4. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

    試合の中で、「その選手の個性」を掴むと、試合でも強い。でも、な…

  5. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

    プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくなる

    試合で使う作戦、皆さんはしっかり実践出来ていますか?せっかく準…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け…
  5. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
PAGE TOP