テニス ストローク

スマッシュ

相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。

こういう陣形の時に、どう攻めていけば良いのか。

スマッシュのコースなんて、特に迷いますよね。

でも、良い準備があれば焦る必要はありません。

相手は、2人で下がってとことん粘る、チャンスを引き出す作戦ですから。

特に、男子ダブルスは2人で下がる陣形、が今多いですから。

狙いどころを確認して、しっかり仕留めていきましょう!

 
 

1本では決まらない、だから?

2本セットで考えよう

まず、ロブが上がったら焦らないこと。

1本で決めようとしないで、2本セットで決めるようなイメージでOK。

1本目はセンター、まず2人の間を突いて「チャンスを拡げる」ことが大事ですね。

より浅いロブを引き出して、次で決めれば良い。

最初のロブは、精度が高いですから。

2本目のスマッシュで決めることが出来れば充分です。

スライス回転のスマッシュ、がお勧め

下がりながらのスマッシュ、になるとミスも増える。

回転をかけるような意識で打てれば、スマッシュもサーブのようにしっかり振り切れます。

スライス回転のスマッシュだと、バウンド後も弾まないで滑るので、相手もなかなか攻撃出来ない。

女性の方でも、下がりながらスライスのスマッシュ、はぜひ練習しておきましょう。

後ろにいる相手には、効果的ですよ。

相手の狙い、を理解しよう

1本では、なかなか決まらない。

まず、相手の狙いは「焦ってスマッシュミスを誘う」ことにありますから、ここはしっかり理解しておきましょう。

それから、甘いボールが来たら相手は一気に前に来ます、2人で。

これも覚悟しておいて、慌てないこと。

浅いボレー、カットが甘くなったら、ボレー戦になる。

この相手の狙いさえ理解しておけば、そう怖くはないですよ。

スマッシュで打ち切ることが理想ですが、浅くなっても慌てないことが大事です。



相手の下がり具合、をしっかりチェック

ベースラインより後方、どれくらい?

ここ、しっかり見ましょう。

相手によって、かなり差があります。

ベースラインより後ろ、どの程度後ろに立っているのか。

それこそ、2メートルくらい下がっているようなら、浅く角度を付けるスマッシュが効果的。

逆にベースラインくらいの位置なら、ベースライン狙いの深いスマッシュで良い。

相手のポジションによって、どこを狙うのかをしっかり意識して打ちましょう。

角度を付けるなら、逆クロス方向へ

スマッシュで角度を付けたいなら、逆クロスがお勧め。

この方が、打つ方向が見えるので打ちやすいんですよね。

右利き同士なら、自然とバックハンド狙いにもなりますから。

逆クロス、へしっかり浅くスマッシュを打てるように意識出来ると良いでしょう。

コートの横幅の広さ、も大事

実際に、コートの横幅はどれくらいあるのか。

この確認も、しっかり試合前からやっておきましょう。

「横幅が無いから、角度を付けたスマッシュが効くな・・・」という感じで。

コートの横幅、はかなり場所によって差があるでしょうから。

インドアの屋根の高さ、と同じくらい、コートの横幅って大事ですよ。

利用しない手は無いです。

   

実戦形式で、練習しよう

リターン側が2バック、サーブ側が並行陣

試合でも、よくあるケースですよね。

サーブを警戒して、相手リターン側が2人下がる、この状態をどう崩していくのか。

スマッシュで決め切る練習をしたいので、リターン側のペアはロブを多用しましょう。

前衛の上、サーバーの上、上手く散らしながら打ってみて下さい。

こういうリターンペア、光景に慣れることもすごく試合では大事です。

2バックのペアに、浅い球出し練習

今度は、並行陣側の返球が甘くなった想定で、練習してみましょう。

2バック、下がっている側のペアに、浅いボールを球出ししてみる。

そのボールを並行陣のペアに打って、2人で前に出て並行陣対並行陣、のような戦いでラリーしてみましょう。

これ、何の練習かと言えば相手が前に来る圧力、プレッシャーに屈しない練習。

しっかり相手のアプローチ、攻撃をブロックして、ボレー戦でも負けない意識で練習していきましょう!

下がった相手に、どうスマッシュを決めるのか

全体的に、この練習が大事。

絶対的に、足りなように思うんですよね。

試合では、本当に粘り強い相手は多いですから。

彼らは、ロブで粘ることが身上だし、大好き。

こういう相手のポジションを確認しながら、しっかりスマッシュで決め切る。

普段の練習から、意識して取り組んでいきましょう。



下がって粘る相手を、どう攻めていくか。

今回は触れませんでしたが、当然浅いドロップ系のボールも必要になります。

ダブルスの試合で、相手が2人下がった時に。

「こう戦うんだ」というのが自分の中であるかどうか、ですね。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  3. テニス ボレー
  4. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める」決断力が大事です

    プロ野球の外野選手、高く上がったフライの捕球を観ているといつも感じます…

  5. スマッシュ

    スマッシュがしっかり振り切れない人は、「反対の手でラケットをキャッチ」する癖を付けよう!

    スマッシュを振り切る、ことの難しさ。試合に出ている方なら、結構…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実…
  3. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやって…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
PAGE TOP