テニス ガット

スマッシュ

もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?

こういったことは、誰しも考えますよね。

サーブやフォアハンド、ネットプレー、自分の最高のプレーをしたい・・・。

でも実際には、得意なショットを打つのと同じくらい、自分の苦手なショットを打つことも試合ではある。

だからこそ、そのショットをいかに隠すか、相手を騙せるか。

私は以前、スマッシュに苦手意識がありましたので・・・こんな意識で試合に入るようにしていました。

初対面の相手では、1球目の印象が強く残りやすい。

そんな心理を利用した作戦です。

 

もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

 


 

■スマッシュが苦手・・・だからこそ、避けない!

私は学生時代に、身長が高いのにスマッシュは苦手でした。

だからこそ、なるべく打たないように・・・と考えがちですが、それだと試合の後半、大事な場面でスマッシュの場面が来てボロが出る。

だったらもう、吹っ切れた感じで最初に打ってしまおう!

そしてその1本を入れることで、相手が何か勘違いしてくれるかも知れない。

そう、「この相手は、スマッシュが得意かも・・・」と、思ってくれれば、それだけで弱点を隠せることが出来るのです。

 

■相手に弱点を隠したければ、最初の第一印象を大事にしよう!

テニスだけでなく、恋愛でも一緒かも知れません。

第一印象、というのは強く人の中に残ります。

だからこそ、苦手なショットは序盤に最高の集中力を持って、なんとか「成功」させておく必要がある。

そうすれば、相手は勘違いしてくれる。

しっかり早めに準備して基本にしっかり忠実に打てば、スマッシュはそんなにミスすることはありません。

そしてアナタが本来得意であるボレーなど、スマッシュ以外の部分にボールが集まりやすい・・・という、願ってもいないシチュエーションになるのです。

 

■スマッシュは、しっかり準備すれば必ず打ち切れる

スマッシュをミスする、苦手な人はまずその空気感が苦手なんだと思います。

ロブが上がって、自分が下がりながら・・・周りは注目している、決めないといけない。

みたいな感覚、プレッシャーに自分で負けてしまう人が多い。

それって、準備がしっかり出来ていれば問題無い話。

打つコースも、事前にしっかり決めておきましょう。

試合の序盤は、ネットに出つつも相手が打つ瞬間に必ずロブをケアして、少し余裕を持ってスマッシュを打てるようにしましょう。

その1球に試合の勝敗がかかるくらい、しっかり振り切りましょう!

 

序盤の印象って、試合の中で大きく残ります。

思い出してみてください。

シングルスでもダブルスでも、序盤にしっかりスマッシュを打たれる、ネットプレーが決まるって、すごく嫌ですよね?

だからこそ、序盤にしっかりスマッシュを見せておけば、相手の印象が変わるのです。

テニスの試合なんて、結局初対面の人が多い。

相手を勘違いさせたまま、勝って終われればそれで良いんです。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス サーブ
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

    ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。シングルスでも…

  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

    スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。その為には、振り切って…

特集記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  3. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに
  5. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
PAGE TOP