テニス 準備

その他

テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸

私は以前、テニスを始める前にはバレーボールをやっていました。

今でもバレーの試合を観るのは好きですが、ちょっとテニスと違って不思議なのは、サーブがコードボールになってインになったときに、自然に喜ぶ風景がある。

いや、全然良いんですけど、テニスだと少し相手に謝るような場面、ですよね。

文化の違いなのか、私も分かりかねる部分ではありますが、テニスの試合でもコードボールは多い。

そのときに、しっかりしたマナー、配慮が出来るかどうかは大事だと、私は思います。

 

テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸

 


 

■テニスの試合、どんなに熱くなっても忘れない心が有るか?

私は絶対に勝ちたい試合、のときでも、一つ忘れてはいけないことを心に留めています。

良い試合には、対戦相手が必要。

相手がいてこそのテニス、スポーツであり、その敬意は忘れたくない。

だからこそ、コードボールのようなショットに対しては、しっかりと相手に配慮する。

「ごめん」というのとはまた違うのですが、しっかり仕草として手を上げるような素振りは相手に見せる。

その行為自体、しっかりしたテニス選手の証です。

 

■マナーが悪い選手って、大抵が勝てない

私は全日本選手権含め、たくさんの試合で主審の席から試合を観てきました。

マナーが悪い、素行に少し難がある選手が、大抵が勝てません。

なんでって、まず余裕がないから。

私も草トーナメントの試合では、多少マナーが悪い相手だと「勝ったな・・・」と思います。

実際ムカッとくることもありますが、それは相手の思うツボ。

「あぁ、この選手、余裕ないんだな・・・」と思うようにすることで、自分主体でマイペースに試合を進めることが出来るのです。

 

■「悪ぶっている」学生選手ほど、かっこ悪いものは無い

テニスだけではないのですが、どこか悪ぶっている選手が多いのが学生時代。

真面目にきっちり、マナー良く・・・というのを、どこかかっこ悪いように感じている人、いませんか?

私はこれが自然だと思います。

特に男子であれば、そういう時期もあります。

そんなときには、しっかり自分の試合の動画、後で観てみるようにしてみて下さい。

「かっこ悪いかも・・・」と思えたら、それはアナタの成長。

コードボールのマナー一つに、アナタの心理や成長が現れる。

テニスって不思議で人間臭い、面白いものです。

 

コードボールから少し話が脱線しましたが、まずはしっかり、相手に手を上げて申し訳ないという態度を示しましょう。

喜ぶのは反則ではありませんが、試合でそれをやると、アナタの評判はすぐに広まります。

実際に運も実力のうち・・・ですが、しっかりマナー良く振る舞うことで、相手もプレッシャーになる。

アナタにも、良い自信になるしテニス選手の風格が出て来る。

細かい部分ですが、意識しておくようにして下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. その他

    「熱くなった身体を冷やせ!」テニスの試合後に有効なクールダウンとは?

    まだまだ暑い日が続く毎日・・・。寒いよりはテンション上がって楽…

  2. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そ…

  3. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があると…

  4. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦はありますか?」

    プロ選手の間でも、しばしば議論になるこの話題。「タイブレになっ…

  5. その他

    1人1,000円の、学生草大会の意義

    Twitter上では、アンケートと告知をさせて頂きました。今…

  6. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる

    4月はスタートの季節。テニスを始められる方も多いと思いますが、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショッ…
  2. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  3. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  4. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
  5. サーブ

    なぜ、サーブに伸びが出ないのか?
PAGE TOP