テニス

ダブルス

いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。

皆さんも、経験無いですか?

「結局、触らない方が良かったな・・・」と思って、またストレートケアに勤しんでしまう。

これでは、試合で勝てる訳が無い。

ポーチボレーが決まらない、決定力が無いのには理由があるはず。

例えば、こんな感じのボレーになっている方も多いんじゃないでしょうか?

 

いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

 

1.伸びきったボレー、とは・・・?

やっと、ボールに触れるようなボレー。

腕を伸ばして触って、打点は顔からかなり離れてしまっている時は、良いボレーは打てないですよね。

ポーチボレーで、伸びきったようなボレーを打っていると・・・どうでしょう?

まず、コントロールが良くならないですよね。

それに、バランスも悪いから連続攻撃出来ない。

まさに、「触らない方が良かった系」のボレーになってしまってるんです。

まずは自分が伸びきってる、ことを自覚すること。

全てはそれから、です。

 

2.触るだけのポーチでも、プレッシャーにはなるけど・・・

もちろん、触るだけのボレー、伸びきったボレーでも相手のプレッシャーにはなります。

リターンを前衛が触る、というだけで相手は嫌なもの。

だけど、強い相手はそんなアナタを恐れはしない。

伸びきったボレーは、一度返球出来れば連続攻撃が無いですからね。

ダブルスの試合、前衛で決め切れない典型例がコレです。

要は、連続攻撃が出来ない、というのはテニスにおいて致命的なんです。

 

3.腕を伸ばすのではなく、身体を寄せる

これが、ボレーの基本です。

自分の身体を寄せていく、身体ごと、しっかりボールにぶつけていく。

伸びきるのではなく、自分から近付いていかないと本物のポーチボレーにはなりません。

それに、近付けばそれだけネットに近付いて連続攻撃が出来る。

腕を伸ばしているだけだと、下半身が付いてきていないですからね。

例え良いポーチ、になっても相手に凌がれてしまう。

こういう危機感、が無いといつまでも決定力は上がりません。

 

4.決定力とは「余力」である

私は、こう考えます。

決定力がある人って、ショットが凄いんじゃない。

打っている人に、余裕があるんですよ。

次、次と、何度返球されても、その後に攻撃出来る。

自分の優位を崩さない、だから慌てない。

ポーチボレーも、そうですよ。

いきなりは難しいかもしれませんが、身体ごとしっかり寄せて、しっかりボールを見る。

そして余裕を持って、ボレーをコントロールしていくこと、を意識してみて下さい。

 

ダブルスの試合、ポーチでポイントを獲ると盛り上がる。

きっとアナタ自身「もっと、自分が決めていれば・・・」という試合、たくさんありますよね。

あと一歩、前に出る。

身体を寄せるポーチボレー、が出来ればきっと試合で勝てるはず。

その日まで、私は応援し続けますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方

    ダブルスの試合で、ボールを打っていない選手の動きはどうか。こ…

  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

    前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックでき…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  6. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

    ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。後衛がストロークで打ち合っ…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
  2. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  4. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に
  5. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない
PAGE TOP