テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。

ここまではよく観る光景ですが、強いダブルス、前衛のプレーはその後が違う。

全く、隙が無い。

これは、技術的な問題、ではないと思うんですよね。

 

ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

 


 

1.なぜ、普通の人はポーチで触った瞬間に安心してしまうのか?

不思議です。

用心深い人でも、ダブルスの前衛で、自分が触ったら「終わる」と思っている。

決めるのか、またはネットやアウトでミスになるのかは、神頼み。

なぜかと言えば、もうポーチに出ること自体が「大事(おおごと)」なんですよね。

もう、リターンのボールに触るので必死で、飛びついて、がむしゃらで。

聞こえは良いですが、そんな前衛のプレーって・・・試合で勝てると思いますか?

 

2.触った後の次、で仕留める意識が大事

ポーチボレーの後に隙が無い選手は、まず一球目のポーチで無理しない。

無理しないからこそ、安定感がある。

だから、ミスが少ないので、結果的にポーチで決まっていく・・・という良い循環が生まれる。

その逆は、一球で決めないといけないという意識が強いから、ミスも増える。

さて、アナタはどちらでしょうか?

テニスでは、「前衛は一球で仕留めないといけない」なんてルールは、どこにも書いてありません。

 

3.先入観を、取り除こう!

きっと、前衛は「一発で仕留めるのが、仕事」と思っている人が多い。

コーチや先輩、またプロ選手の試合も実際は一球で終わるケースが多い、ですからね。

いつの間にか、刷り込まれているんです。

ですが、実際の学生の皆さんの試合や、社会人、ベテランの草トー大会を観て下さい。

まぁ、決まらない、ポーチに出ても。

決まらないけど、2球目で仕留められる選手には隙が無い。

打った後に、打った方向に自分から詰めていく、構え直しも早い。

これって、誰にでも出来る意識の問題、です。

 

ダブルス巧者は、きっとポーチもこんな意識で打っている。

「まずい!前衛に触られた!」と、相手が慌てることも織り込み済。

だから無理しないし、結果的に楽にボレーで点が取れる。

ちょっとした意識で、きっとアナタの前衛のプレーも変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

    ボレーで決定力が無い、ポーチで決まらない・・・。人は、まずこの…

  2. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

    身体の正面のボレーは、テニスの技術の中でも難しいモノ。なぜ難し…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

    ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさ…

  4. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから

    ネットプレーに取り組んでいるけど、自分のボレーアウトで終わることが多い…

  5. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

  6. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

特集記事

  1. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  3. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
  4. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
PAGE TOP