テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。

ここまではよく観る光景ですが、強いダブルス、前衛のプレーはその後が違う。

全く、隙が無い。

これは、技術的な問題、ではないと思うんですよね。

 

ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

 


 

1.なぜ、普通の人はポーチで触った瞬間に安心してしまうのか?

不思議です。

用心深い人でも、ダブルスの前衛で、自分が触ったら「終わる」と思っている。

決めるのか、またはネットやアウトでミスになるのかは、神頼み。

なぜかと言えば、もうポーチに出ること自体が「大事(おおごと)」なんですよね。

もう、リターンのボールに触るので必死で、飛びついて、がむしゃらで。

聞こえは良いですが、そんな前衛のプレーって・・・試合で勝てると思いますか?

 

2.触った後の次、で仕留める意識が大事

ポーチボレーの後に隙が無い選手は、まず一球目のポーチで無理しない。

無理しないからこそ、安定感がある。

だから、ミスが少ないので、結果的にポーチで決まっていく・・・という良い循環が生まれる。

その逆は、一球で決めないといけないという意識が強いから、ミスも増える。

さて、アナタはどちらでしょうか?

テニスでは、「前衛は一球で仕留めないといけない」なんてルールは、どこにも書いてありません。

 

3.先入観を、取り除こう!

きっと、前衛は「一発で仕留めるのが、仕事」と思っている人が多い。

コーチや先輩、またプロ選手の試合も実際は一球で終わるケースが多い、ですからね。

いつの間にか、刷り込まれているんです。

ですが、実際の学生の皆さんの試合や、社会人、ベテランの草トー大会を観て下さい。

まぁ、決まらない、ポーチに出ても。

決まらないけど、2球目で仕留められる選手には隙が無い。

打った後に、打った方向に自分から詰めていく、構え直しも早い。

これって、誰にでも出来る意識の問題、です。

 

ダブルス巧者は、きっとポーチもこんな意識で打っている。

「まずい!前衛に触られた!」と、相手が慌てることも織り込み済。

だから無理しないし、結果的に楽にボレーで点が取れる。

ちょっとした意識で、きっとアナタの前衛のプレーも変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

    テニスコートって、結構広い。広いコートの中で、自分が求められる…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    頭の真上のボレー、はフォア?バック?

    みなさんは試合の中で、正面の頭上のボレー、どうやって打ってますか?…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう

    私が普段、並行陣でプレーする時に考えていること。これはきっと、…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  5. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けたい!

    ボレーって決定力のあるショットである。ボレーを打つとポイントに…

  6. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ
  2. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
  3. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方
PAGE TOP