テニス ドロップショット

ダブルス

雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

学生の皆さんはストローク主体。

なのでダブルスは必然的に雁行陣主体になってくる。

もしアナタが社会人プレイヤーで、学生のダブルスペアと戦うことになったらどうするか?

私なら、この作戦を徹底します。

 

雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

 


 

■相手を前に引っ張り出すことは、テニスでは出来る

相手を前に引っ張り出す。

これは、テニスならではの作戦、醍醐味でもあります。

その為には、雁行陣の後衛の前のスペース、を有効に活用する必要がありますね。

ストロークが得意な選手、特にグリップが厚くスウィングスピードが速い選手は、ボレーが怪しい選手が多い。

まずドロップショットを打って、相手に前後の揺さぶりをかけることが大事です。

 

■ストロークが強力な選手と、雁行陣で打ち合う必要無し

リターンも、徹底してロブで展開したり、ストレートへの展開を増やす。

クロスラリーが得意な相手に、相手の土壌で戦う必要はありません。

どうもテニスの試合に出ている皆さんは、「クロスラリーが基本だから、まずはラリーから・・・」という方が多いようです。

でも試合に勝ちたいなら、もっと合理的に作戦をはっきりしておくべき。

ストレートロブ、という選択肢は絶対に持っておいたほうが良いです!

 

■ドロップショットとストレートロブ、の相性は抜群!

今まで書いてきた、雁行陣の後衛の前のスペースへの浅いボール、ドロップショット。

そしてストレートロブ。

これを組み合わせることが出来れば、ストロークが強いダブルスペアは怖くありません。

コートの端から端、対角線上で一番距離がある両ショットを警戒しないといけないので、精神的にかなりプレッシャーになる。

いつも通りクロスでストロークラリーをしたいのに、させてもらいない。

そういう環境を、アナタから作り出していくべきなのです。

 

正攻法で格上を倒す、学生のようなしっかりテニスを毎日やっているような選手を倒す、のは労力がかかります。

テニスは、頭脳戦。

しっかり自分の武器を用意しておけば、雁行陣は怖く無い。

攻略法を覚えて経験して、成功体験を積みましょう!

それがテニスを強くなる、一番の近道です。

あ、ちなみにもし雁行陣で強くなりたい・・・なら、こんなメニューがオススメです。

強い雁行陣、を崩す社会人ペア、の試合のダブルスをもっと見たい。

一緒に頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る

    ダブルスの試合で、ボレー戦になる・・・ときに、皆さんポイントしっかり取…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

  5. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
  3. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる
PAGE TOP