テニス ストローク

ダブルス

右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。

右利きの視点で、すみません。

左利きの方には申し訳ありませんが・・・ぜひ「逆」の考え方で、試して欲しいと思います。

それぞれデュースサイド、アドバンテージサイドを、メリットデメリットを、ダブルス視点で考えてみましょう!

 

右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

 


 

■デュースサイドでのメリットとデメリットについて

まずデュースサイドのリターン、から考えてみます。

こちらのサイドは、何と言ってもセンターへの厳しいサーブをバックハンドでリターンしないといけません。

さらに、相手の前衛のポーチもフォアハンドで詰めて来ますので、かなり厳しいと言わざるを得ません。

一般的に、デュースサイドのリターンの方が難しい、と言われるのがこの部分です。

ではメリットは何か・・・と考えると、まずはロブを使える点。

ストレートロブ、をリターンで上手く使えれば、サーブを打った後衛はバックハンドで処理することになります。

厳しいサーブはロブで逃げる、というのがやりやすいのがデュースサイドです。

更には、0-0、15-15、30-30、のように、ゲームポイントで回ってくることが少ないので比較的プレッシャーも少ないはず。

メリットとして考えるかどうかは難しいところですが、緊張しがちな人はアドバンテージサイドの方がきつい、はずです。

 

■アドバンテージサイドのメリットとデメリットについて

アドバンテージサイド、はどうでしょうか。

右利きの選手からすると、まずメリットはセンターのサーブをフォアハンドで処理出来る点が優位。

リターンでは多少振り遅れても、逆クロスに良いリターンが飛んでくれることがよくありますよね。

また相手ポーチもバックハンドですので、フォアハンドよりは威力が軽減する・・・はず。

デメリットとして、私が考えられるのは「バック側を狙われやすい」という点。

スピンサーブでワイド、にしっかり振り切ったサーブが入りやすいのがアドバンテージサイド、です。

もちろんバックハンドのリターンが得意であれば問題無いのですが、初中級者の方はココを狙われて並行陣で仕留められる、というケースが多いように思います。

また、メリットにもデメリットにもなりそう、なのが「大事なポイントが回って来やすい」ということでしょう。

30-40、40-30、アドバンテージ○○、といったポイントで勝負強さを発揮出来るか、は試合の結果に直結しますからね。

 

■デメリットを消し、メリットを活かしていくリターン術を覚えよう

一般論を理解したら、後は練習するだけです。

デメリットとなる部分は、試合巧者の相手であれば間違いなく使ってくる。

ここで一度、「しっかり対応してるからね!」というリターンを見せておけるかどうか、が大事。

「分かっていたけど、対策不足」となってしまうのは、それも含めてアナタの実力不足、です。

実際の試合では、もっと細かい部分、選手の特徴も踏まえないといけませんしね。

まずは今回書いてみたこと、イメージして練習してみて下さい。

きっと大崩れするようなリターンゲーム、は防げるはずです。

 

サイドはどちらか得意な方、があっても良い。

ですが、あまり専門のサイドを作ってしまうのは、お勧めしません。

なぜなら、両方のサイドのリターンの気持ち、が分かった方がサービスゲームにも活かせるから。

しっかり両方、対応出来るように練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

    ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。後衛がストロークで打ち合っ…

  4. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  5. ダブルス

    ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要
  3. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に
  5. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも…
PAGE TOP