テニス ストローク

戦術

作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

目次

緊張感高まる試合、の中での決断。

勇気が要りますよね。

それに、決断してからも、終わりじゃない。

実は、実行するまでに・・・またそこに、大きな障害がある。

ダブルスの前衛のとき、をイメージしてみて下さいよ。

試合の現場で、これが難しいんです。

 

作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

 


 

1.「ポーチに出る!」と決めてから・・・が大変なんです

実際に試合では、どうでしょう?

ペアとの打ち合わせで、「ポーチに出るね!」と決めたのに、いざポジションにつくと不安になる。

「次は、ストレートなんじゃないか・・・」と。

でも、ペアと打ち合わせはもう終えたし・・・どうしよう・・・と。

こう考えること、実際に有りますよね試合で。

人間ですから、仕方ない。

でも、私は基本的にこの考える、という行為自体を停止してしまう。

そういう強い意志、が大事だと思いますよ。

 

2.作戦を決めたら、基本は変えないのが一番

特に、ダブルスのポーチ、ネットプレーはそうでしょう。

ちょっとした迷いがあると、それがプレーの精度に如実に現れる。

出足が遅くなったり、ボレーで腰が引けてしまう。

作戦を決めたのに、ちょっとした迷いが障害になるんですよね。

作戦を決めたら、迷いを断つ。

このイメージ、持って試合に入ることが大事です。

 

3.「考えない」ことが、武器になる

試合では、シンプルに考えた方が良い場面も多い。

思い切ったプレーが必要なとき、勝負どころの場面では、私もあえて思考を停止します。

考えていると、相手からも読まれやすい。

もちろん、試合は思慮深く進めていくのが基本、ですよ。

でも、あえて「考えない」という意識も大事。

ポーチのような作戦、ネットダッシュは、迷いが一番の敵になる。

みなさんも、ぜひ試合の中で意識して欲しいポイントなんです。

 



 

4.作戦を決めること、に目一杯頭を使おう

頭を使う、考えるなら、作戦を決めることに使うこと。

これが一番でしょう。

決めたら、もうそれを信じ切る。

そこで失敗するということは、実は「中途半端」に終わるということ。

やり切っての失点、は失敗ではないですからね。

中途半端に終わること、はアナタ自身の弱さでしかない。

「決めたけど・・・うーん、、どうしよう。。」と思う癖、止めましょう。

それだけで、試合で思い切ったプレーが出来るようになるはずです。

 

テニスって、ダブルスで打ち合わせした後もポジションにつくまで間がありますよね。

間があるから、考える。

不安になる。

そう、人間らしい怖い部分を、しっかり覚悟して知っておく。

さぁ、後は思い切って動くだけ、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 【初開催】5/29(水)~30(木) T-PRESS プレミアムキャンプ in千…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    安全に攻める、だけだと勝てない

    テニスには、セオリーが有ります。みなさんも、恐らく誰かから習…

  2. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

    テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。…

  3. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

  4. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる

    強烈なフォアハンド、触れないサーブ、華麗なネットプレー。誰だっ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?…

  6. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

    試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  2. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?
  3. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  4. テニス 試合

    メンタル

    試合に出る勇気がある人は、他人からの評価を受け入れることが出来る
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
PAGE TOP