テニス ボレー

戦術

団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

目次

団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。

今回は、特にダブルスの試合で団体戦で悪い流れを断ち切る、そんなプレーについて考えてみましょう。

ダブルスの試合、横並びで試合に入ることもありますよね。

良い流れを自分たちで引き寄せる、そんなプレーについて考えておく。

そうすれば、自然と試合のときにも動ける選手になれるはずです。

 

団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

 


 

1.まずはしっかり、前衛が動く

流れが悪いダブルスって、やっぱり前衛が動けていない。

後衛だけがボールを触って終わる、ようなポイントが多い時にはかなり危ない、でしょう。

前衛は、待っていてもボールは来ない。

特に団体戦では、相手も慎重に試合を進めて来ますから。

クロスのラリーが増えるのは、当たり前。

だからこそ、しっかり先回りして動くのが大事、になります。

ポーチに出て触る、だけでも良い流れの兆しを作ることが出来ますよ。

 

2.スマッシュを打ち切る

これも、大事なポイントです。

相手のロブ、を落としているようでは流れは悪くなって当然。

せっかく追い込んでも、ダブルスではスマッシュを打ち切ることが出来ないと、流れは相手の方に自然と強くなっていきます。

ミスしても良い、アウトするくらいのつもりでしっかりスマッシュを振り切りましょう。

そういった姿勢を、ペアでも確認しておく。

打ってのミス、はOK。

流れが悪くなるような、消極的な姿勢はNG、というスタンスでいきましょう。

 

3.ファーストサーブをしっかり入れる

流れが悪いとき、サーブはどうですか?

きっと、ファーストサーブが入らないでセカンドばっかり、前衛は出れないという悪循環になっているはずです。

こういう時には、セカンドサーブ並みの力で良いので、ファーストサーブをしっかり入れること。

これだけで、かなり試合の流れは回復出来るはずです。

前衛の選手も、動きやすいですしね。

サービスゲームのテンポ、が悪くなるときにはこの基本から見直しましょう。

 

4.対応策は、具体策で

「ドンマイ!ドンマイ!」では、何も変わらない。

流れが悪いなら、具体策で何かを変えないと。

1.で書いたような積極策でも良いし、まずは自分たちのペアがどういうポイントの落とし方をしているのか確認しておきましょう。

先回り、しても良いと思いますよ。

具体策で対応していく、ことが出来ないダブルスペアは、団体戦で使えません。

 

5.前に入ってプレーする

とにかく、リターンからラリー、になっても前に入る。

きっと、流れが悪いときって相手のプレッシャーに押されてミスが多いはずなんです。

だったら、自分たちから前に出る。

並行陣、リターンダッシュ、しっかり相手にプレッシャーをかけて自信を削いでいく。

プレーを変えていけば、また自分たちにも自信は戻って来ますから。

団体戦、やっぱりアグレッシブにいかないと盛り上がらないですからね。

プレーエリアを上げていく、前にする。

ことは大事なこと、と思って練習してみて下さい。

 

試合の流れ、団体戦はすごく変わりやすいです。

だからこそ、負けそうになってもチャンスがある。

盛り返すことで、隣のコートにも勇気を与えることが出来る。

強いチームって、負けそうになってから、2-5あたりからが本領発揮の試合も多いですからね。

試合の流れを、変えていくのはアナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

    テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。…

  2. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?

    試合の中で、気付かないうちに・・・って、多いと思いませんか?気…

  3. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下が…

  4. テニス メンタル

    戦術

    トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い

    今朝の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。見事にベ…

  5. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  6. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
  3. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  4. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的…
PAGE TOP