テニス ハードコート

戦術

「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。

「団体戦が、苦手なんです」というもの。

これには、私自身もすごく考えさせられました。

個人戦なのに、団体戦という種目もあるのがテニス。

苦手意識が強い人は、どう克服していけば良いのでしょうか?

私はこれって、実はチャンスなんじゃないかと思いますよ。

 

「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

 

1.団体戦大好き、日本人

否定はしませんし、実際に実力以上のものが出る人もいるでしょう。

ですが、どうにも「群れている感」が強い人もいます、正直。

テニスの試合、社会人の方の中では、団体戦しか出たくないという人もいますしね。

自分個人の成績がうやむやになりやすい、という利点もあります。

日本人向き、じゃないですか。

団体戦が苦手な人って、実はテニスとかそういう話の前に、こういう団体戦の雰囲気が嫌い、な方が多いんじゃないでしょうか?

これって、実はチャンスです。

団体戦が苦手な人は、ある意味強さを持っている人、だと私は思います。

 

2.自分の試合、だけに集中すれば良い

団体戦と言っても、テニスの試合は個人戦と同じ。

シングルスかダブルスか、だけですから、実際に試合を行うのは。

周りを勇気づけようとか、負けたらチームとして終わりとか、そういう考えは観客や応援に任せましょう。

アナタ自身は、いつも通り目の前の試合に集中すれば良いだけ。

でも、確かに応援とか雰囲気はだいぶ変わってきますよね。

そこで、団体戦が苦手な方に私からの提案を一つ。

ハッキリ、試合を動かしていくポイント、作ってみませんか?

 

3.「スパートポイント」を作ってみよう

私なら、ネットプレーでハッキリとペースを上げます。

ダブルスなら前衛のポーチ、リターンダッシュ、サーブ&ボレーで、一気に「前」に出る。

マラソンで言うところの、スパートをかける、に近いと思います。

団体戦は、こういう試合の流れで結果が決まりやすい。

観客や仲間も、後押ししてくれますからね。

個人戦ならずっと一定のペース、自分の世界でも良いと思いますが、団体戦なら「スパートポイント」を意図的に作ってみる。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.「もうダメだな・・・」と、相手を諦めさせる

団体戦って、怖いのは追い上げ。

負けている相手が、応援もあいまってなかなか諦めてくれないじゃないですか。

だからこそ、スパートポイントを作って突き放す。

しっかり選手に諦めてもらう、観客にも静かになってもらう、ような演出は必要でしょう。

「また簡単に言うけど・・・」という方も多いと思いますが、せっかくの団体戦ですから。

周りから見られている、のが苦手という選手の方も、こういう演出で自分を変えていく良いきっかけにして欲しい。

私はそう思います。

 

団体戦が苦手な人は、まず自分を責めないこと。

それって、ある種の才能ですから。

今までの自分を活かしながら、ちょっとだけ周りの雰囲気も活かす道を考えてみる。

それだけで、だいぶ変わると思いますよ。

繰り返しますが、無理やり団体戦に強くなる必要はありません。

「結果的、好きになっていた」と言える日が、いつか来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか

    試合で自分より下、というかほぼ初心者の人と対戦する・・・。どう…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

  3. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  4. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

    自分のテニスの調子が悪い。試合では、よくあることですよね。…

  5. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか

    対戦相手を、よく観察すること。これを繰り返していると、あること…

  6. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う
  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  3. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
PAGE TOP