テニス 並行陣

戦術

テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

試合前に、テニスノートを書く。

ことについては以前も、その重要性を書かせて頂きました。

今回は、その時期について。

前日だと・・・危険です。

 

テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

 


 

1.前日に書いて不安に押しつぶされて、そのまま試合会場へ・・・

私も経験がありますが、前日に整理し出すと不安になる。

やっていないこと、準備してないギアがあることに気付くと、もう試合に入る前から気持ちが引いてしまう・・・。

そうならない為に、2日前、が最低限。

やるべきこと書いて、それを1日寝かせてみる、ことも大事です。

前日にまた読んでみて、「やっぱこうだよな・・・いや、これは厳しいな・・・」と、手直しすることも出来ますしね。

 

2.準備とは何かを「具体化」することである

何度も準備が大事、と言ってきましたが「心構え」だけではダメ。

ノートに書いて、可視化していくから自信になるしイメージが湧く。

可視化出来たものは、どんどん具体化出来るのがテニスの世界。

例えば次の試合はしっかりサーブを安定させる、と書いたのであれば当然日差し対策のサングラスや帽子、ラケットで飛び過ぎる時用に少し硬めに張った予備のラケット、を準備していかないといけない。

グリップが滑らないように、巻き替えておくのも大事ですね。

具体的な準備が出来ていれば、試合は自信を持って入っていけるはずなんです。

 

3.準備完了、が出来た時点で初めて「試合」になる

試合はやっているけど、本当に自分の実力が出せているのか?

ココが怪しい人が多い、のが一般や学生テニス界です。

試合はもう、会場に到着する前から始まっている。

準備が完了する、出来るというのも、立派な試合力なのです。

試合前の試合、で勝者になっているかどうか。

練習量、練習の質も大事です。

ですが、今ある自分の力を引き出す準備力、こそが試合力に直結する部分であることは確かです。

 

試合を進めていくうえで、出来るだけ不安要素を取り除いておく。

ここには、具体化していく作業が求められます。

テニスだけじゃないですよね。

試験勉強、仕事、何でもそうだと思います。

テニスで出来れば、きっとアナタは何でも出来るようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. 戦術

    テニスの試合を観戦して、強くなる人の特徴5つ

    テニスの試合を生で観戦すること。私は、これは自分を選手として成…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと

    試合では、やっぱり現実的に戦うこと。これが出来る人が、コンスタ…

  3. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

    弱点を、頑張って練習する?それも大事かもしれませんが、そうこう…

  4. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事

    テニスの試合で、攻め切れない人。意外と、多いと思いますよ。…

  5. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる

    試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。大したボールじゃな…

  6. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?

    練習だと伸び伸び打てても、試合だと難しい。それがテニスの面白い…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  2. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
  4. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない
  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね…
PAGE TOP