戦術

演技力から、逃げてはいけない

スポーツにおいて、「相手を騙す」という行為。

「フェイント」という言葉もよく使われますが、みなさんはテニスで上手く使えてますか?

私が感じているのは、フェイントで相手を騙す行為は「やりにくい」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。

そこまでして勝ちたくない、あるいは仲間同士のテニスだから相手に不快な想いはさせたくない…と考える方も多いでしょう。

いや、これって実際そうだと思います。

大事なのは、自分自身が客観性を持ち、必要性を感じるかどうか、ですね。

今回は改めて、テニス競技における演技力を一緒に考えてみましょう。

自分に甘えてはいないか?

私も、結構あるんですよね。

フェイントをサボる、またはちょっと「入れなくても良いかな」と思う瞬間。

だからこそ、問いかけるんです。

「自分に甘えてないか?演技することを、恥ずかしがってないか?」ということを。

例えば前衛でフェイントを入れる、相手を惑わす、これをやらないとテニスの試合では厳しくなるのは当然です。

でも、「どうせやっても効かないかな…相手に嫌な想いをさせるのは、ちょっとな…」となってしまう。

テニススクールや仲間内でプレーしている時は、特にそうなりがちだと思います。

これってもう、自分に対する甘えなんですよね。

どこかで恥ずかしいという気持ちもあり、勝負から逃げている。

ここに気づけないと、なかなか試合では勝てるようにならないのがテニスです。

試合でのパフォーマンスは、下がるのが当然

練習でやってることを、試合で出す。

この難しさはみなさんが一番理解しているところだと思います。

演技力だって、同じです。

練習から自然と、もうそれこそ呼吸をするようにフェイントや細かい演技、相手を騙す行為が出来ていないと、試合では全然ダメ。

動けないですよね、そもそも練習よりパフォーマンスは落ちますから。

ここまで考えて、自分の中で演技力を磨こうと思えるかどうか。

恥をかこうと、覚悟を決められるかどうか。

多少、周りから嫌がられるようなことを受け入れられるかどうか。

テニス選手としての、大きな境目に立っているように思いませんか?

嫌われるかもと思っていたら、結局誰からも好かれない

これは、あくまで私の感覚です。

テニスの試合、勝負ですから。

ネットを挟んだ相手は敵、でしかない訳です。

でもそれは、試合中のみの話。

試合前、そして試合が終われば自分にとっての仲間であり強くなっていく上で、切磋琢磨していく同志です。

演技力から逃げている人は、どこか試合中も嫌われることを恐れていることが多いように思います。

相手を騙さないで実力で勝ちたい、と考えている人も多いでしょう。

でもその実力って、どうですか?

何を持って実力なのか、そしてそれをこの先どの程度アップできる伸び代があるんでしょうか。

私はこの「演技力」こそ、まだみなさんが手をつけられていない大きなテリトリーだと考えています。

前衛の動き、ドロップショットの前の構え、ポジショニングの変化、挙げればキリがないくらい。

ここを広げていくことこそ、「実力アップ」につながると思いませんか?

誰かに嫌われることを恐れていては、誰からも本気で好かれないし強くなれない。

演技することは自分を偽ることではなく、実は本気で自分と向き合うこと、ですから。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

    「試合に勝つ為に、何が必要ですか?」この質問に答えるのは難しい…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです

    皆さんが試合をする相手は、どんな相手でしょう?草大会やオープン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
  3. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  5. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう…
PAGE TOP