戦術

演技力から、逃げてはいけない

目次

スポーツにおいて、「相手を騙す」という行為。

「フェイント」という言葉もよく使われますが、みなさんはテニスで上手く使えてますか?

私が感じているのは、フェイントで相手を騙す行為は「やりにくい」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。

そこまでして勝ちたくない、あるいは仲間同士のテニスだから相手に不快な想いはさせたくない…と考える方も多いでしょう。

いや、これって実際そうだと思います。

大事なのは、自分自身が客観性を持ち、必要性を感じるかどうか、ですね。

今回は改めて、テニス競技における演技力を一緒に考えてみましょう。

自分に甘えてはいないか?

私も、結構あるんですよね。

フェイントをサボる、またはちょっと「入れなくても良いかな」と思う瞬間。

だからこそ、問いかけるんです。

「自分に甘えてないか?演技することを、恥ずかしがってないか?」ということを。

例えば前衛でフェイントを入れる、相手を惑わす、これをやらないとテニスの試合では厳しくなるのは当然です。

でも、「どうせやっても効かないかな…相手に嫌な想いをさせるのは、ちょっとな…」となってしまう。

テニススクールや仲間内でプレーしている時は、特にそうなりがちだと思います。

これってもう、自分に対する甘えなんですよね。

どこかで恥ずかしいという気持ちもあり、勝負から逃げている。

ここに気づけないと、なかなか試合では勝てるようにならないのがテニスです。

試合でのパフォーマンスは、下がるのが当然

練習でやってることを、試合で出す。

この難しさはみなさんが一番理解しているところだと思います。

演技力だって、同じです。

練習から自然と、もうそれこそ呼吸をするようにフェイントや細かい演技、相手を騙す行為が出来ていないと、試合では全然ダメ。

動けないですよね、そもそも練習よりパフォーマンスは落ちますから。

ここまで考えて、自分の中で演技力を磨こうと思えるかどうか。

恥をかこうと、覚悟を決められるかどうか。

多少、周りから嫌がられるようなことを受け入れられるかどうか。

テニス選手としての、大きな境目に立っているように思いませんか?

嫌われるかもと思っていたら、結局誰からも好かれない

これは、あくまで私の感覚です。

テニスの試合、勝負ですから。

ネットを挟んだ相手は敵、でしかない訳です。

でもそれは、試合中のみの話。

試合前、そして試合が終われば自分にとっての仲間であり強くなっていく上で、切磋琢磨していく同志です。

演技力から逃げている人は、どこか試合中も嫌われることを恐れていることが多いように思います。

相手を騙さないで実力で勝ちたい、と考えている人も多いでしょう。

でもその実力って、どうですか?

何を持って実力なのか、そしてそれをこの先どの程度アップできる伸び代があるんでしょうか。

私はこの「演技力」こそ、まだみなさんが手をつけられていない大きなテリトリーだと考えています。

前衛の動き、ドロップショットの前の構え、ポジショニングの変化、挙げればキリがないくらい。

ここを広げていくことこそ、「実力アップ」につながると思いませんか?

誰かに嫌われることを恐れていては、誰からも本気で好かれないし強くなれない。

演技することは自分を偽ることではなく、実は本気で自分と向き合うこと、ですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

    私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。その中で、結構多いミ…

  2. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

  3. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  4. テニス 客観視
  5. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

    テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?強打とタッチプレー、…

  6. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
  4. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる
PAGE TOP