戦術

試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。

自分がどんなに良いプレーをしても、相手も良いプレーなら、厳しくなる。

それは、試合の中ではリスクになります。

この考えは、つまらないテニスに思うかも知れませんが、試合の中ではすごく大事にしたい部分です。

 

試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

 


 

1.自分は普通、相手がイマイチ

試合で勝てる時って、こんな感じじゃないですか?

自分が調子が良い、訳ではないけど、相手が崩れていく。

テニスの試合って、これで良い。

自分は普通、いつも通り、相手が調子が悪い流れをいかに作れるか。

「良い形」でプレーさせない、と言葉で言うのは簡単ですよね。

どう試合で実践していくのか、の具体性が大事です。

 

2.高い打点、を避けるのがまず第一

私はまず、相手にこれをさせないようにだけ意識します。

ストロークで、高い打点で打たれること。

これは恐怖です、実際。

特に学生さんや若い選手と試合をするときには、絶対に避けたい。

ですから、浅いボールを使ったりスライスを使ったりして、腰より高い位置では打たせないように意識する。

カッコイイテニスではないかも知れませんが、勝てるテニス。

基本そっちを選択するのが、試合では大事でしょう。

 

3.前衛のプレッシャー、は必須

あとはコレですね。

相手に前衛のプレッシャー、をいかに感じてもらうのか。

最初からポーチに動いて、視界に入って存在をアピールする。

シングルスの試合でも、少しでも相手を崩したら前に出る。

「良い形」とは、「プレッシャーが無い形」ですから。

ネットに出て触る、その素振りを見せるだけでもだいぶ違います。

何もしなければ、良い形でどんどん打たれる。

うん、当たり前の話ですよね。

 

4.「良い形」での実力は、張子の虎

アナタ自身が強い、勝てないと思っている相手でも、どうでしょう。

私は、「良い形」さえ作らせなければチャンスはあると思いますよ。

つい、格上の相手は完璧に見えてしまいますが、それは「良い形」で打っているから。

アナタ自身がしっかりと作戦立てて入れば、張子の虎は正体を現すでしょう。

崩れていけば、充分に戦えるし、勝てる。

この自信さえ付ければ、どんな相手でも戦えますよ。

 

テニスはメンタルスポーツ、だからこそチャンスはある。

アナタ自身は、相手のプレッシャーや崩しに負けないように、良い形で・・・というのは、虫が良すぎますよね。

当然、苦しい場面や打ち方も増えるでしょう。

そこで崩れないように、いかに普通にプレー出来るか。

普段の練習から、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

  3. テニス メンタル

    戦術

    強い相手を前にして、アナタが出来ること

    ウィンブルドンの準々決勝の試合、ご覧になっていた方も多いかと思います…

  4. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

    テニスに自信が生まれる、強くなっているという実感がある時。それ…

  5. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと

    テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。サーブであ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!
  3. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  5. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
PAGE TOP