ダブルス

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。

ミスすればチャンスを決められなかったと思われる、決めて当たり前と見られる厳しい立場。

でも、私は声を大にして言いたいこと、があります。

汗をかいている前衛は、間違いなくダブルスの試合の中で主役、です。

 

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

 


 

1.後衛が感じられるかどうか、が大事

ダブルスの試合をプレーしていて、味方の前衛の動きを見る。

そして、それに反応する相手を見る。

そこで、「すごくこっちの前衛を嫌がってくれているな」と感じられるかどうか。

自分のストローク力だけで押している試合、なんてそう無いはずですから。

サーブの時の前衛、だって実はたくさん動いてくれているのかも知れない。

そう気付いた瞬間に、このひと声、が必要なんです。

 

2.「ナイスプレッシャー!」と、前衛を称えよう

例えポーチで決めなくても、フェイントを入れて動いてくれる。

相手がそれを気にして、ネットミスやサイドアウト、最高に助かるじゃないですか、後衛としては。

こういう時には、前衛に「ナイスプレッシャー!」と声をかけましょう。

多少、盛っても良い。

とにかく、前衛に気持ち良くプレーさせることが、後衛のゲームメイカーとしての役割の一つですからね。

すごく汗をかいて仕事をしているのに、認められていない前衛ってすごく多いですよ。

もっともっと、アナタ自身から前衛に声をかけていく、ことを癖付けてみて下さい。

 

3.「ナイスプレッシャー」と声をかけていれば、前衛を使えるようになる

何度か声をかけていると、自分でも感じるようになります。

「これを使うには、どういうボールが良いのかな・・・」と、考えるようになる。

速いボールは、実は有効のようで前衛が動ける時間、幅が少ない。

遅いスライス、のようなショットだと前衛のプレッシャーはより活きる可能性が高いですよね。

相手も、視界にボールと前衛が同時に入って来ますから、相当プレーし辛いはず。

「ナイスプレッシャー!」と、自分が声をかけるには、どんなプレーが必要なのか。

これを考えていくこと、がダブルスの強さの源になるはずです。

 

4.テニスは自信で、プレーが大きく変わる

試合でも、そうじゃないですか。

「俺の動き、相手に効いてるな!」と思えれば、軽やかにポーチにも動ける。

でも逆に、「全然気にしてもらえていないな・・・」と自信を無くしてしまうと、動いてもムダだと思うようになる。

テニスの自信って、本当にちょっとした言葉、で育っていくものですから。

ポーチで決める、のはもちろん前衛の仕事。

でもそれ以前に、相手にプレッシャーをかけるところ、から全ては始まる。

孤独なポジション、だからこそ後衛はどんどん声掛けで自信を持たせていきましょう!

 

やっぱり、気持ち良いじゃないですか。

ペアをしっかり誉めて、2人で取ったようなポイントを増やしていけば、ダブルスの試合の流れは出来ていく。

勝てないペアは、いつまで経っても個人プレーで会話が無い、ナイスショットは全て自分の実力だと勘違い。

そんな人、周りに多くないですか?

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  5. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!…
PAGE TOP