ダブルス

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。

ミスすればチャンスを決められなかったと思われる、決めて当たり前と見られる厳しい立場。

でも、私は声を大にして言いたいこと、があります。

汗をかいている前衛は、間違いなくダブルスの試合の中で主役、です。

 

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

1.後衛が感じられるかどうか、が大事

ダブルスの試合をプレーしていて、味方の前衛の動きを見る。

そして、それに反応する相手を見る。

そこで、「すごくこっちの前衛を嫌がってくれているな」と感じられるかどうか。

自分のストローク力だけで押している試合、なんてそう無いはずですから。

サーブの時の前衛、だって実はたくさん動いてくれているのかも知れない。

そう気付いた瞬間に、このひと声、が必要なんです。

 

2.「ナイスプレッシャー!」と、前衛を称えよう

例えポーチで決めなくても、フェイントを入れて動いてくれる。

相手がそれを気にして、ネットミスやサイドアウト、最高に助かるじゃないですか、後衛としては。

こういう時には、前衛に「ナイスプレッシャー!」と声をかけましょう。

多少、盛っても良い。

とにかく、前衛に気持ち良くプレーさせることが、後衛のゲームメイカーとしての役割の一つですからね。

すごく汗をかいて仕事をしているのに、認められていない前衛ってすごく多いですよ。

もっともっと、アナタ自身から前衛に声をかけていく、ことを癖付けてみて下さい。

 

3.「ナイスプレッシャー」と声をかけていれば、前衛を使えるようになる

何度か声をかけていると、自分でも感じるようになります。

「これを使うには、どういうボールが良いのかな・・・」と、考えるようになる。

速いボールは、実は有効のようで前衛が動ける時間、幅が少ない。

遅いスライス、のようなショットだと前衛のプレッシャーはより活きる可能性が高いですよね。

相手も、視界にボールと前衛が同時に入って来ますから、相当プレーし辛いはず。

「ナイスプレッシャー!」と、自分が声をかけるには、どんなプレーが必要なのか。

これを考えていくこと、がダブルスの強さの源になるはずです。

 

4.ダブルスのポーチを例に、見てみましょう!

やはり一番分かりやすいのは、ダブルスのサーブ側の前衛でしょう。

ここが、プレッシャーをかける腕の見せ所です。

事前にサーブを打つパートナーと打ち合わせをして、ポジションに。

「ポーチに出てプレッシャーかけるね!」という感じですね。

自分の横をボールが通過したら、まずしっかりセンターに寄ります。

この時点で、もう相手の視界に入ってますから相手は力んでくれるはず。

厳しいコースを狙ってサイドアウト、させることが出来れば最高ですね。

サーブを打った選手からすると、まさに「ナイスプレッシャー!」じゃないでしょうか。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ



5.テニスは自信で、プレーが大きく変わる

試合でも、そうじゃないですか。

「俺の動き、相手に効いてるな!」と思えれば、軽やかにポーチにも動ける。

でも逆に、「全然気にしてもらえていないな・・・」と自信を無くしてしまうと、動いてもムダだと思うようになる。

テニスの自信って、本当にちょっとした言葉、で育っていくものですから。

ポーチで決める、のはもちろん前衛の仕事。

でもそれ以前に、相手にプレッシャーをかけるところ、から全ては始まる。

孤独なポジション、だからこそ後衛はどんどん声掛けで自信を持たせていきましょう!

 

やっぱり、気持ち良いじゃないですか。

ペアをしっかり誉めて、2人で取ったようなポイントを増やしていけば、ダブルスの試合の流れは出来ていく。

勝てないペアは、いつまで経っても個人プレーで会話が無い、ナイスショットは全て自分の実力だと勘違い。

そんな人、周りに多くないですか?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーに…

    どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。…

  3. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

    ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。そこから味方の前衛が動いた…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  2. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意
  3. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・
  4. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
PAGE TOP