ダブルス

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。

ミスすればチャンスを決められなかったと思われる、決めて当たり前と見られる厳しい立場。

でも、私は声を大にして言いたいこと、があります。

汗をかいている前衛は、間違いなくダブルスの試合の中で主役、です。

 

「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

1.後衛が感じられるかどうか、が大事

ダブルスの試合をプレーしていて、味方の前衛の動きを見る。

そして、それに反応する相手を見る。

そこで、「すごくこっちの前衛を嫌がってくれているな」と感じられるかどうか。

自分のストローク力だけで押している試合、なんてそう無いはずですから。

サーブの時の前衛、だって実はたくさん動いてくれているのかも知れない。

そう気付いた瞬間に、このひと声、が必要なんです。

 

2.「ナイスプレッシャー!」と、前衛を称えよう

例えポーチで決めなくても、フェイントを入れて動いてくれる。

相手がそれを気にして、ネットミスやサイドアウト、最高に助かるじゃないですか、後衛としては。

こういう時には、前衛に「ナイスプレッシャー!」と声をかけましょう。

多少、盛っても良い。

とにかく、前衛に気持ち良くプレーさせることが、後衛のゲームメイカーとしての役割の一つですからね。

すごく汗をかいて仕事をしているのに、認められていない前衛ってすごく多いですよ。

もっともっと、アナタ自身から前衛に声をかけていく、ことを癖付けてみて下さい。

 

3.「ナイスプレッシャー」と声をかけていれば、前衛を使えるようになる

何度か声をかけていると、自分でも感じるようになります。

「これを使うには、どういうボールが良いのかな・・・」と、考えるようになる。

速いボールは、実は有効のようで前衛が動ける時間、幅が少ない。

遅いスライス、のようなショットだと前衛のプレッシャーはより活きる可能性が高いですよね。

相手も、視界にボールと前衛が同時に入って来ますから、相当プレーし辛いはず。

「ナイスプレッシャー!」と、自分が声をかけるには、どんなプレーが必要なのか。

これを考えていくこと、がダブルスの強さの源になるはずです。

 

4.ダブルスのポーチを例に、見てみましょう!

やはり一番分かりやすいのは、ダブルスのサーブ側の前衛でしょう。

ここが、プレッシャーをかける腕の見せ所です。

事前にサーブを打つパートナーと打ち合わせをして、ポジションに。

「ポーチに出てプレッシャーかけるね!」という感じですね。

自分の横をボールが通過したら、まずしっかりセンターに寄ります。

この時点で、もう相手の視界に入ってますから相手は力んでくれるはず。

厳しいコースを狙ってサイドアウト、させることが出来れば最高ですね。

サーブを打った選手からすると、まさに「ナイスプレッシャー!」じゃないでしょうか。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ



5.テニスは自信で、プレーが大きく変わる

試合でも、そうじゃないですか。

「俺の動き、相手に効いてるな!」と思えれば、軽やかにポーチにも動ける。

でも逆に、「全然気にしてもらえていないな・・・」と自信を無くしてしまうと、動いてもムダだと思うようになる。

テニスの自信って、本当にちょっとした言葉、で育っていくものですから。

ポーチで決める、のはもちろん前衛の仕事。

でもそれ以前に、相手にプレッシャーをかけるところ、から全ては始まる。

孤独なポジション、だからこそ後衛はどんどん声掛けで自信を持たせていきましょう!

 

やっぱり、気持ち良いじゃないですか。

ペアをしっかり誉めて、2人で取ったようなポイントを増やしていけば、ダブルスの試合の流れは出来ていく。

勝てないペアは、いつまで経っても個人プレーで会話が無い、ナイスショットは全て自分の実力だと勘違い。

そんな人、周りに多くないですか?

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  2. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

  3. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?

    佐藤プロとの試合解説動画を作ってみて、気付いたこと。みなさん…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

    ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、い…

  5. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない

    ダブルスのペアは、活躍するペアでも色々な関係性がある。仲が良い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  5. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取ってい…
PAGE TOP