テニス ロブ

ダブルス

ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。

前衛の選手が背中で指を動かして、サーバー側に何かしらの意図、を伝えるサイン。

こういうペア、試合で見ますよね。

全日本レベルでも、一般の草トー大会や学生のペアでもたくさんいます。

「ポイント前に打ち合わせすれば、サインなんて要らないじゃない?」と思う方もいるでしょう。

でも、ちょっとした違いがあると私は思いますよ。

ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

1.出すサインの種類は?

私が実践したり、人から聞いた感じですと・・・前衛が出すサインは

①サーブのコースを指定するサイン

②ポーチに出るか出ないかを、サーバーに伝えるサイン

③サーブのコース、ポーチに出る出ないの両方を指示するサイン

大きく分けて、この3つの使い方があるように思います。

①は一番、オーソドックスなパターンでしょう。

前衛がどう動くのかは、サーブの精度によって見極める、またはセンターなら出る、と決めておくペアもいると思います。

②の場合は、サーバーは好きなコースに打って良い。

とにかく、得意なコースにどんどん気持ち良く打ってもらう感じですかね。

どんなコースにサーブが入っても、前衛が動くのか動かないのか、を伝えるパターン。

③は前衛が本当にゲームメーカー、になって試合を進めていく形ですね。

2.サインを前衛が出すメリットは?

これは、ポイントが始まる直前まで「決めないでおく」ことが出来る点。

ポイント前の打ち合わせだと、実際にサーブを打つ前にはやること、サーブのコース、全て決まっている状態。

そこで、相手が回り込んでくるようなポジションにいたり、グリップの変化に気付いても変えることが出来ない。

前衛がサインを出す形なら、しっかりポジションに入ってから選択が出来る。

リターンの選手の雰囲気を感じながら、サーブのコースとポーチの動きを決めることが出来る。

これって、結構大きいですよ。

相手からすると、自分を見てサインを出されている感じがしますからね。

3.良いリズムが生まれやすい

サーブを打つ人も、意外と実は「コースを指示された方が、打ちやすい!」という人もいる。

リズムが良くなって、自分らしいサーブが打てる、調子が上がりやすい。

そんな人は、打ち合わせ形式よりもサイン形式、に変えてみるのもありでしょう。

打ち合わせ、話し合って決める、ときに揉めてしまったり結論が出ない・・・というペアも、サイン形式が良いかも知れませんね。

大事なのは、色々試してみることでしょう。

実力なんて、関係ありませんよ。

「自分たちは下手なのに、恥ずかしい・・・」なんて思わなくて良いんです。

4.雰囲気と責任感が養われる

サインプレーって、打ち合わせよりもより、責任感を強く持てるようになる。

サインを出したからには、前衛の自分は絶対に動かないといけない。

そして、サーバーも期待に応えないといけない。

それに、こういうプレーを入れていくということは、やっぱり「試合に勝ちたい」と周りに宣言しているようなもの。

恥ずかしい、と思うのか、それともこれを乗り越えよう、と思うのか。

全てはアナタ次第です。

前衛の背中で出すサイン、ぜひ工夫して作ってみて下さい。

指を使ってポーチの方向、サーブの方向を決めていくのが普通ですが、グーチョキパーのような感じでも良いし、何でも良い。

サーバーが見やすい、正確に伝わるのが一番ですからね。

強いダブルスペア、一緒に目指していきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 【初開催・先着順です!】T-PRESS 12月 インドアコート テニスキャンプを…
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

    女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う

    ダブルスの試合、怖いのは大逆転。その呼び水、となるようなアナタ…

  6. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

    今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・…

特集記事

  1. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?
  2. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  4. 練習メニュー

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜…
PAGE TOP