テニス ボレー

戦術

試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイント。

それは、細かい作戦もそうですが、「〇〇は捨ててOK」という共通認識、だと思います。

やるべきこと、を決めることも大事ですが、やらないことも決めておく。

やらないことを決めるから、やるべきことに集中できる。

テニスの試合って、選択と集中が大事です。

特にダブルスペアなら、同じ意識で、同じ認識で試合を進めていく。

意外と出来ていないペア、多いですよ。

試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

1.相手のアレーのショット=ナイスショットは捨てる

私はいつも、これをダブルスの試合で徹底しています。

並行陣、雁行陣に関わらず、相手が打ったボールがアレー、つまりはシングルスならアウトの場所に落ちるポイントは捨てる。

それくらい、「厳しいコースを狙わせた」ことをまず合格点、としてペアと共有する。

この認識がしっかりしているから、センターをしっかり守って2人の距離感が離れない。

これが、ペアのどちらかの選手が「アレーまで守るぞ!」と意気込んでしまうと・・・全体のバランスが悪くなる。

ダブルスの試合で致命的な、2人に間、センターを抜かれてしまうということになるんです。

2.バランスが悪いペアは、考えていることが違う

1.のように、ペアの2人共が「アレーは捨ててOK」という考えを持っていれば、センターが厚くなる。

もちろん、相手がガンガンショートクロスやアングルボレー、を使うような相手だったら作戦変更も有り、ですけどね。

試合の入り方として、まずは「〇〇は捨てていこう」という勇気を持てるかどうか。

捨てるところがあれば、得るところがある。

私のダブルスペアは、とにかくポーチにガンガン出て、リターンはロブやストレートが多い。

だからこそ、捨てるところを意図的に作って相手にプレッシャーをかけていく戦い方が得意です。

皆さんも、きっと参考になると思いますよ。

3.相手のナイスショットなんて、続かない

この意識、どこかで持っておきましょう。

目の覚めるようなショットは、相手もリスクを冒したショット。

それがコンスタントに毎回入るようなら、それはレベルが違う相手、でしょう。

喰らい付いていく必要はありますが、そもそも、勝つのは難しい。

自分より少し上、または同等の相手に勝つには、ペアでどこに集中するのかの共通認識が大事。

捨てた場所に打たれたショットは、相手が無理ショット。

そのナイスショット、絶対に続きませんから。

4.前半のスマッシュミスも、捨ててOK

もう一つ、ご参考までに。

私が試合の前半で捨てているショットは、スマッシュミス。

試合の序盤って、ミスを恐れて無難にいくのはもったいないですよね。

だから、多少無理してでもロブは前衛がスマッシュを打つ。

落とさない姿勢を相手に見せ付ける。

これは、ミスを気にしないということを試合前に確認しておくことで、「〇〇は捨ててOK」という作戦になる。

試合前から決めているので、ミスしても全く気にしない。

というか、ミスじゃないんですよね。

スマッシュを打たない、任せることがミス、になるのですから。

試合の前半に積極的にスマッシュを打つと、相手はきっとロブを上げ辛くなるはず。

これが狙いですので、大丈夫なんです。

やるべきことでガチガチ、に固めても、試合では上手くいかない。

自分で自分にプレッシャーをかけても・・・試合で委縮してしまうだけじゃないですか?

アナタのペアで、「〇〇は捨ててOK」という部分、作っておきましょう。

小さい紙に、メモで書いておく。

これだけで、だいぶ試合に入るときに楽になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

  2. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  3. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

  4. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?

    テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。それはネット…

  5. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

  6. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします
  2. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
  4. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
PAGE TOP