テニス ボレー

戦術

試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

実際に、試合の現場で意識して欲しいこと。

それは、「自分のコントロールが悪くても、それを受け入れること」です。

想定内で終わらせて、大事なのはそのポイントもなるべく得点に結び付けていくということ。

実際に、皆さんの試合ではどうでしょう?

狙ったところに打てなかったら、落ち込んだり慌てたり・・・結構忙しい感じじゃないですかね?

 

試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

 

1.コントロールが狂うのは、当然です

試合の中、プレッシャーの中で細かいコントロールが狂うのは当然。

当たり損ないもあるでしょうし、コードボールもそう、イレギュラーだってあるでしょう。

こういう小さいことに、いちいち慌てないこと。

自分が打ったボールが思った通りにコントロール出来なかったとき・・・アナタ自身はどうですか?

緊張感が緩んだり、前衛であれば「打ち合わせとサーブのコース、違うじゃん!」と思ってしまうかも知れませんね。

これでは、試合の現場で良い方向に向かう流れも、自分たちで悪くしてしまう。

コントロール出来ない、ことも想定内で試合は準備していきましょう。

 

2.コースが違っても、作戦は変えない

例えばダブルスでの前衛のポーチ。

サーブのコースが打ち合わせと違っても、出ると決めていたら出る。

それが結果的に失点する結果になっても、作戦自体を変えることはオススメしません。

だって、本当に狙ったコースに打てるかなんてわからないじゃないですか。

「センターに良いサーブが入ったら、出る」なんてことを言っている時点で、スタートが絶対に遅くなる。

出ると決めたら、出る。

コントロール出来ていないボールでも、とにかく決めたことは実行していく。

この勇気と思い切り、が必要だと思いますよ。

 

3.「まずい!」と思ったらカバーに走る

ダブルスの後衛の選手も、自分のボールが甘くなったらすぐに切り替える。

落ち込んでいる人は、すぐに足が止まってしまうはず。

切り替えが早ければ、自分のミスを自分でカバー出来る、のがテニス。

「まずい!」と感じたときには、もう走り出しているくらいのイメージで。

良い意味で、自分のことを信用し過ぎないことがテニス選手としては大事。

もちろん、良いボールを打っていく前提で作戦は立てますけどね。

コントロールに失敗しても、ポイントは終わりじゃない。

このことだけは、しっかり覚えておいて下さい。

 

4.自分のミスショットは、ポイント内でカバー出来る

結構プロ選手の試合を観ていても、こういうポイントは多いですよ。

例えばシングルスの試合で、ドロップショットが甘くなる。

まずい・・・と思いながらも相手が強打してくる浅いボールを、パッシングショットで切り返す。

結果的に、上手く前におびき出したようなポイントになって、得点出来る。

こういうポイントは、実力よりも「意識」で作るもの。

自分のミスショットは、ポイント内で必ず挽回出来る。

これくらいの意識で、テニスの試合はちょうど良いですよ。

 

5.失敗が思わぬ成功、を導くこともある

4.のように、結果的にナイスなドロップショットになる場合もある。

当たり損ないやミスショットって、思わぬエースになったりもするじゃないですか。

リターンで振り遅れてストレートへのナイスリターン、だってあるでしょう。

アナタ自身、すぐに落ち込んだりしているからダメ。

思った通り、でなくても堂々とすれば良いし、むしろ新しい道筋が見えてくるかも知れません。

自分ですら、打とうと思っていないショット、コースな訳ですから、相手も予測していないことも多いでしょう。

全てを、得点につなげていく。

その貪欲さ、テニス選手として欲しいですよね。

 

失敗は成功の元。

というより、もう試合の中では出来るだけ成功に近付けていくしかない。

思い通りに打てなかったとき、にこそアナタの「応用力」や「即興力」が求められるのがテニスです。

きっと、試合の中でアナタ自身意識すれば、きっと変わってくるでしょう。

ちょっとしたミスショットを得点につなげていく。

したたかなテニス選手、になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    正確に試合を記憶する、テニスノート術

    テニスの試合を、正確に記録する。それが理想かもしれませんが、…

  2. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  5. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  6. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

    ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。本当、だまされた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  2. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  3. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう
  4. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング
PAGE TOP