テニス ボレー

戦術

試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

実際に、試合の現場で意識して欲しいこと。

それは、「自分のコントロールが悪くても、それを受け入れること」です。

想定内で終わらせて、大事なのはそのポイントもなるべく得点に結び付けていくということ。

実際に、皆さんの試合ではどうでしょう?

狙ったところに打てなかったら、落ち込んだり慌てたり・・・結構忙しい感じじゃないですかね?

 

試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

 

1.コントロールが狂うのは、当然です

試合の中、プレッシャーの中で細かいコントロールが狂うのは当然。

当たり損ないもあるでしょうし、コードボールもそう、イレギュラーだってあるでしょう。

こういう小さいことに、いちいち慌てないこと。

自分が打ったボールが思った通りにコントロール出来なかったとき・・・アナタ自身はどうですか?

緊張感が緩んだり、前衛であれば「打ち合わせとサーブのコース、違うじゃん!」と思ってしまうかも知れませんね。

これでは、試合の現場で良い方向に向かう流れも、自分たちで悪くしてしまう。

コントロール出来ない、ことも想定内で試合は準備していきましょう。

 

2.コースが違っても、作戦は変えない

例えばダブルスでの前衛のポーチ。

サーブのコースが打ち合わせと違っても、出ると決めていたら出る。

それが結果的に失点する結果になっても、作戦自体を変えることはオススメしません。

だって、本当に狙ったコースに打てるかなんてわからないじゃないですか。

「センターに良いサーブが入ったら、出る」なんてことを言っている時点で、スタートが絶対に遅くなる。

出ると決めたら、出る。

コントロール出来ていないボールでも、とにかく決めたことは実行していく。

この勇気と思い切り、が必要だと思いますよ。

 

3.「まずい!」と思ったらカバーに走る

ダブルスの後衛の選手も、自分のボールが甘くなったらすぐに切り替える。

落ち込んでいる人は、すぐに足が止まってしまうはず。

切り替えが早ければ、自分のミスを自分でカバー出来る、のがテニス。

「まずい!」と感じたときには、もう走り出しているくらいのイメージで。

良い意味で、自分のことを信用し過ぎないことがテニス選手としては大事。

もちろん、良いボールを打っていく前提で作戦は立てますけどね。

コントロールに失敗しても、ポイントは終わりじゃない。

このことだけは、しっかり覚えておいて下さい。

 

4.自分のミスショットは、ポイント内でカバー出来る

結構プロ選手の試合を観ていても、こういうポイントは多いですよ。

例えばシングルスの試合で、ドロップショットが甘くなる。

まずい・・・と思いながらも相手が強打してくる浅いボールを、パッシングショットで切り返す。

結果的に、上手く前におびき出したようなポイントになって、得点出来る。

こういうポイントは、実力よりも「意識」で作るもの。

自分のミスショットは、ポイント内で必ず挽回出来る。

これくらいの意識で、テニスの試合はちょうど良いですよ。

 

5.失敗が思わぬ成功、を導くこともある

4.のように、結果的にナイスなドロップショットになる場合もある。

当たり損ないやミスショットって、思わぬエースになったりもするじゃないですか。

リターンで振り遅れてストレートへのナイスリターン、だってあるでしょう。

アナタ自身、すぐに落ち込んだりしているからダメ。

思った通り、でなくても堂々とすれば良いし、むしろ新しい道筋が見えてくるかも知れません。

自分ですら、打とうと思っていないショット、コースな訳ですから、相手も予測していないことも多いでしょう。

全てを、得点につなげていく。

その貪欲さ、テニス選手として欲しいですよね。

 

失敗は成功の元。

というより、もう試合の中では出来るだけ成功に近付けていくしかない。

思い通りに打てなかったとき、にこそアナタの「応用力」や「即興力」が求められるのがテニスです。

きっと、試合の中でアナタ自身意識すれば、きっと変わってくるでしょう。

ちょっとしたミスショットを得点につなげていく。

したたかなテニス選手、になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  2. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度…

  3. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

    試合前に、テニスノートを書く。ことについては以前も、その重要性…

  4. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

  5. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

    一流の選手の、凄いところ。私は、たくさんの試合を生で観て来まし…

  6. テニス 雑誌

    戦術

    作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い

    皆さんは試合の後、普段どんなことを考えてますか?勝てば嬉しい、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコース…
  3. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
  4. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに
PAGE TOP