テニス ミス

メンタル

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。

そしてそれをすぐに、表情などの表に出しているような気がします。

しかもまだ、ラリーは続いているのに・・・。

こんな酷い例はまれかも知れませんが、アナタ自身、ラリー中に心の中で「がっかり」したり「来た!」と喜んだり、していませんか?

 

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

 


 

■自分がプロ選手にでもなったつもりなの・・・?

よく試合でミスをして、自分に怒っている選手、多いですよね。

一般の愛好家や学生なのに、どれだけ自分が上手いと思っているのか・・・すごく疑問です。

確かにチャンスボールをミスすれば、ラケットを投げてしまいたくもなります。

でもそれを相手に見せたところで、「この相手は感情をコントロールできていないな・・・」と思われてしまうだけ。

むしろ気にしない、堂々としていた方が、アナタが対戦相手であれば嫌じゃないですか?

 

■試合中の「ミス」について考えてみる

よく勝てない選手ほど「さっきのは、ミス」と簡単に口にしますが、大抵のミスは「いつもミスしているミス」のこと。

つまりは、本人が自分の実力を自覚していないということです。

ラリー中には、ラケットの真ん中に当たらないこともあります。

それをいちいち気にしていたり、がっかりしていたら、テニスの試合は絶対に勝てません。

 

■テニスの試合では、「ベターなショット」を繰り返さないと意味が無い

良いショットを単発で勝てる試合は、格下相手の試合。

自分と同じレベルか、上のレベルを倒していくには、まずまずのショットを安定して打ち続けなければいけません。

ナイスショットは速度が速く、自分のポジションが追い付いていない場合も多々ありますが、それ以上に問題なのがその打ったボールに自分が満足してしまうこと。

ラリー中に歓喜していては、テニスの試合で勝てる訳がありません。

常に自分の想定内に、冷静に事を運ぶようにしましょう。

 

■全ては「想定内」の中で収められるように

試合前のイメージが、どれだけ大きく具体的にできているか。

「今日の相手は脚も速いし体力もある、だけどネットプレーに難があるし、サーブも弱いからチャンスがある・・・」

例えばこんな想定を立てておいて、それが異なったときにどうするか。

上手くいかなければ、冷静に都度ラリーの中で修正していく力がテニスの試合では問われてきます。

ラリーの中ではもちろん、試合の全体の中で悲しんだり、喜んだりをなるべくしない。

感情が出てきても、表に出さないような自分でいれると、試合でもきっと強くなれるでしょう。

 

ガッツポーズや声は、ここぞという場面に取っておいて計算の上で出すことをお勧めします。

強い選手は、感情の赴くままの行動はほとんどしません。

全ては、試合に勝つ為に。

アナタ自身も、自分の感情のコントロール方法を今一度、見直してみましょう。

テニスの試合は、正直苦しいことの連続です。

だからこそ、勝ったときの感情は何事にも代えがたいのです。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  3. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力

    相手選手がサーブを打とうとしているとする。レシーブのあなたはそ…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人

    テニスの試合、勝ったり負けたりの繰り返し。でも、不思議なことに…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう
  2. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  3. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  5. テニス 前衛

    リターン

    ダブルスの試合で、前衛にポーチに出られたくなければ「眼」を積極的に合わせにいこう…
PAGE TOP