テニス ミス

メンタル

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。

そしてそれをすぐに、表情などの表に出しているような気がします。

しかもまだ、ラリーは続いているのに・・・。

こんな酷い例はまれかも知れませんが、アナタ自身、ラリー中に心の中で「がっかり」したり「来た!」と喜んだり、していませんか?

 

テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

 


 

■自分がプロ選手にでもなったつもりなの・・・?

よく試合でミスをして、自分に怒っている選手、多いですよね。

一般の愛好家や学生なのに、どれだけ自分が上手いと思っているのか・・・すごく疑問です。

確かにチャンスボールをミスすれば、ラケットを投げてしまいたくもなります。

でもそれを相手に見せたところで、「この相手は感情をコントロールできていないな・・・」と思われてしまうだけ。

むしろ気にしない、堂々としていた方が、アナタが対戦相手であれば嫌じゃないですか?

 

■試合中の「ミス」について考えてみる

よく勝てない選手ほど「さっきのは、ミス」と簡単に口にしますが、大抵のミスは「いつもミスしているミス」のこと。

つまりは、本人が自分の実力を自覚していないということです。

ラリー中には、ラケットの真ん中に当たらないこともあります。

それをいちいち気にしていたり、がっかりしていたら、テニスの試合は絶対に勝てません。

 

■テニスの試合では、「ベターなショット」を繰り返さないと意味が無い

良いショットを単発で勝てる試合は、格下相手の試合。

自分と同じレベルか、上のレベルを倒していくには、まずまずのショットを安定して打ち続けなければいけません。

ナイスショットは速度が速く、自分のポジションが追い付いていない場合も多々ありますが、それ以上に問題なのがその打ったボールに自分が満足してしまうこと。

ラリー中に歓喜していては、テニスの試合で勝てる訳がありません。

常に自分の想定内に、冷静に事を運ぶようにしましょう。

 

■全ては「想定内」の中で収められるように

試合前のイメージが、どれだけ大きく具体的にできているか。

「今日の相手は脚も速いし体力もある、だけどネットプレーに難があるし、サーブも弱いからチャンスがある・・・」

例えばこんな想定を立てておいて、それが異なったときにどうするか。

上手くいかなければ、冷静に都度ラリーの中で修正していく力がテニスの試合では問われてきます。

ラリーの中ではもちろん、試合の全体の中で悲しんだり、喜んだりをなるべくしない。

感情が出てきても、表に出さないような自分でいれると、試合でもきっと強くなれるでしょう。

 

ガッツポーズや声は、ここぞという場面に取っておいて計算の上で出すことをお勧めします。

強い選手は、感情の赴くままの行動はほとんどしません。

全ては、試合に勝つ為に。

アナタ自身も、自分の感情のコントロール方法を今一度、見直してみましょう。

テニスの試合は、正直苦しいことの連続です。

だからこそ、勝ったときの感情は何事にも代えがたいのです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

    団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか…

  2. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

    試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。テニスの試…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

    「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」「どうしてもメンタ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う
  4. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
PAGE TOP