テニス メンタル

戦術

アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

テニスの試合に勝つ、ということ。

それは、相手との差を付ける、ということです。

スコアで差を付けるには、何が必要なのか。

結局は、何か相手との「違い」を作っていかないといけない。

この部分、もっと貪欲にいきましょう!

 

アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

 

1.「違いを生む選手」になろう

みなさんの武器、特徴、相手との違い、は何ですか?

その違いをもって、試合の結果を変える。

この覚悟は、私たち一般レベルの試合でも非常に大事なポイント。

自分に大した特徴も無い・・・と考えている人は、ただ逃げているだけ。

その意識だと、ずっと相手との違いや差、を養うことは出来ない。

ぜひ、今までの試合を振り返ってみて欲しいんですよ。

試合って、やっぱり何かの「差」がスコアの「差」になっているはずですから。

 

2.その「差」は、なかなか目に見え辛い

だからこそ、みんな気付かないんです。

例えば「粘り」もそうですよね。

思い出してみたら、「あの人の粘りに、最後は根負けしたな・・・」という試合、たくさんあるじゃないですか。

でも、その差って後からじっくり思い出さないと、イメージ出来ない、認識しない。

目に見える差、例えばサーブがすごいとか、ストロークが強烈、とかは分かりやすい。

でもそういう技術、での差を生める人って限られているでしょう。

私たちは、それこそ目に見えないような小さい差、それでも大きな「違い」を作っていかないといけないんです。

 

3.「駆け引き」は重要なキーワードになる

ぜひ、みなさんに身に付けて欲しいこと。

周りと試合をやるうえで「違い」にして欲しいのは、駆け引きの部分です。

「何かあの人、やり辛い・・・」と思われるようになれば、それがそのまま差となり違いになって、アナタを勝利に導いてくれる。

この覚悟をもって、普段から練習出来ているのかどうか。

自分は、何をもって「違い」を試合で生み出すのか?

それが出来るのか?

を、そろそろ真剣に考える時期、じゃないですかね?

 

4.人と違うことを、恐れるな

私からのメッセージは、これだけ。

私たちは今まで、人と「同じ」ことが評価される国で育ってきました。

もちろん、そういう要素が大事なこともたくさんあります。

でも、テニスは違う。

相手と違いを作って、試合に勝たないといけない。

まず、この「周りと違う自分」になることを、恐れてはいけないんです。

駆け引きをしっかりして来る選手、になったら、きっと最初は周りから煙たがれるでしょう。

ラリーや試合も、アナタと「テニスし辛い」と感じるようになりますからね。

でも、それって褒め言葉。

周りが違和感を感じるくらい、アナタが違う存在になってきた、ということですから。

 

待っていても、アナタらしい「違い」なんて生まれません。

自分から掴みに行く姿勢、をもって行動していかないと。

気付いていないだけで、私たちは常に画一化されるように仕組みが出来ています。

待っていても、周りと同じような選手になるだけ。

これでは、試合に勝てない。

違いを生める選手、素敵じゃないですか。

私もずっと、応援していきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

    よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。…

  2. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する

    試合の中で、良い決断が出来るかどうか。コースの選択、ポジショ…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

    「とにかく、テニスの試合が苦手・・・」という、みなさん。もっと…

  5. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  6. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  2. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?
  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
  4. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのコース変更は、打つ直前には出来ない
PAGE TOP