テニス メンタル

戦術

アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

テニスの試合に勝つ、ということ。

それは、相手との差を付ける、ということです。

スコアで差を付けるには、何が必要なのか。

結局は、何か相手との「違い」を作っていかないといけない。

この部分、もっと貪欲にいきましょう!

 

アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

 

1.「違いを生む選手」になろう

みなさんの武器、特徴、相手との違い、は何ですか?

その違いをもって、試合の結果を変える。

この覚悟は、私たち一般レベルの試合でも非常に大事なポイント。

自分に大した特徴も無い・・・と考えている人は、ただ逃げているだけ。

その意識だと、ずっと相手との違いや差、を養うことは出来ない。

ぜひ、今までの試合を振り返ってみて欲しいんですよ。

試合って、やっぱり何かの「差」がスコアの「差」になっているはずですから。

 

2.その「差」は、なかなか目に見え辛い

だからこそ、みんな気付かないんです。

例えば「粘り」もそうですよね。

思い出してみたら、「あの人の粘りに、最後は根負けしたな・・・」という試合、たくさんあるじゃないですか。

でも、その差って後からじっくり思い出さないと、イメージ出来ない、認識しない。

目に見える差、例えばサーブがすごいとか、ストロークが強烈、とかは分かりやすい。

でもそういう技術、での差を生める人って限られているでしょう。

私たちは、それこそ目に見えないような小さい差、それでも大きな「違い」を作っていかないといけないんです。

 

3.「駆け引き」は重要なキーワードになる

ぜひ、みなさんに身に付けて欲しいこと。

周りと試合をやるうえで「違い」にして欲しいのは、駆け引きの部分です。

「何かあの人、やり辛い・・・」と思われるようになれば、それがそのまま差となり違いになって、アナタを勝利に導いてくれる。

この覚悟をもって、普段から練習出来ているのかどうか。

自分は、何をもって「違い」を試合で生み出すのか?

それが出来るのか?

を、そろそろ真剣に考える時期、じゃないですかね?

 

4.人と違うことを、恐れるな

私からのメッセージは、これだけ。

私たちは今まで、人と「同じ」ことが評価される国で育ってきました。

もちろん、そういう要素が大事なこともたくさんあります。

でも、テニスは違う。

相手と違いを作って、試合に勝たないといけない。

まず、この「周りと違う自分」になることを、恐れてはいけないんです。

駆け引きをしっかりして来る選手、になったら、きっと最初は周りから煙たがれるでしょう。

ラリーや試合も、アナタと「テニスし辛い」と感じるようになりますからね。

でも、それって褒め言葉。

周りが違和感を感じるくらい、アナタが違う存在になってきた、ということですから。

 

待っていても、アナタらしい「違い」なんて生まれません。

自分から掴みに行く姿勢、をもって行動していかないと。

気付いていないだけで、私たちは常に画一化されるように仕組みが出来ています。

待っていても、周りと同じような選手になるだけ。

これでは、試合に勝てない。

違いを生める選手、素敵じゃないですか。

私もずっと、応援していきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

  2. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない

    ストロークが強い、上手い相手に、男性が陥り勝ちな罠。試合に勝て…

  3. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  4. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

    強い相手って、「触れない場所」に打って来る。お互いにテニスコー…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  6. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  3. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう
PAGE TOP