テニス メンタル

戦術

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

試合前に、準備を整える。

これは、テニス選手として必要なことでしょう。

私は何度も、戦術の準備の重要性を書いて来ました。

色々な場面を想定しながら、どう考えて、結論を出すのかをイメージしておく。

このことはとても重要なんですが、みなさん、どうでしょう。

実際の戦術の準備、構想が、こんな感じになってはいませんか?

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

1.出来れば問題無く勝ちたい、と誰もが思う

私も試合前、何も考えないでただイメージすると、こうなります。

とにかく勝ちたい・・・と思うからこそ、良いイメージを持ちたいと考えてしまう。

「3-3くらいまではキープ合戦で、2周目のサーブでどこかでブレイク、そのまま6-4くらいで終了かな・・・」と。

もちろん、概要のイメージとしては良いと思いますが、じゃあどうやってブレイクするのかと。

「ストレートに打って前衛のミスを誘って、その後はカバーに入る後衛の前を使う感じで・・・」と、良いことばかり浮かんで来る。

問題無く勝ちたい、と思いますからね。

でもこれは、見方を変えればただの願望、でしかありません。

2.戦術が自分の願望になっては、上手くいかないのは当たり前

「こうなって欲しい」と考えることは、大抵上手くいかない。

こうなるだろう、と考えていることは、上手く回らないことの方が多いですからね。

「こうなるかも知れない、もしかしたら・・・」と、あくまで用心深く。

戦術の基本は、相手を深く、深くイメージすること。

初めて対戦する相手ならなかなか難しいかも知れませんが、今までの経験をフルに活かして、イメージしてみる。

サーブが速い相手だったら?

リターンのコースを散らしてくる相手なら?

ポーチにガンガン動いてくる相手なら・・・?

というのを、一つ一つ、潰しておくことが正しい準備だと思います。

3.勝ちたいという気持ちは、最後までコントロールする

コントロール出来れば、何も怖くありません。

私の感覚ですと、良い試合が出来た時は「結果的に、勝てている」という感覚。

やるべきことをやって、後は結果は天に任せる。

ここまで出来れば、大丈夫という感覚で試合が出来るから、勝ちたいという気持ちは本当に最後まで少ない。

結果的に勝っている、ような試合だと、すごく良い結果が出る傾向にあります。

これも言葉一つ、ですが、勝ちたいという気持ちのコントロールでは大事。

勝ちたい、ばかりだと自分の勝手な願望ばかり浮かんできますからね。

4.やりたいことは、リードしたタイミングで大胆に

それでも、「これを試合でやりたい!」というのは、当然あって良い。

必要なんです。

ただ、やはり私ならリードしたゲーム、でやりたい。

それも、大胆に、です。

相手に、「これがやりたかったのか・・・警戒しないとな」とう爪痕を残したいので。

やりたいことを、ただの願望で終わらせない。

どこで、いつ、なぜやるのかを明確にしておく。

そうすれば、試合でも自然と身体が動くと思いますよ。

準備出来ている人は、リスク管理が出来てる。

そう簡単に、試合で崩れない人は、「もしかしたら・・・」を何度も重ねて準備してるんです。

憂鬱になるような感じ、もあるかも知れませんね。

でも、呑気な願望だけで試合前にイメージして、負けるのは辛いですから。

しっかりと、戦術の準備をして試合に臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?

    テニスの試合、これに悩んでいる方は多いんじゃないでしょうか。綺…

  2. テニス 打点

    戦術

    ボールを見て打つ、基本の中に「周辺視」を入れる癖を

    これが意識出来ると、テニスは大きく変わります。まず、ボールを見…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます

    アナタが試合をするとき、対戦相手はどんな特徴を持っているのか。…

  4. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  5. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

    テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦につい…
  2. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハ…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越え…
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    テニスの試合で「ロブで抜かれても、追いついてしっかり返球」できるイメージを作る練…
  5. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない
PAGE TOP