テニス リターン

メンタル

思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?

実際にリスクを伴いますから、緊張した場面では怖いですよね。

でも、こういう考え方もできると思いませんか?

難しいことを、自分たちはしている、と。

そう考えておけば、実は失敗に対する概念すら変えていけるんです。

 

思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

 

1.難しいことは、実行=成功で良い

私は、いつもこんな感じですね。

ダブルスの最初のゲーム、で前衛が動いてポーチ、チェンジプレーを入れていきますけど、実行=成功。

そもそも、難しいことをやろうとしているんだから、ミスしても良い。

失点しても相手に印象を残す、ことが出来るからそれで良い。

ミスを気にしない、という準備は自分たちの作戦の認識方法から大事、だと思いますよ。

出来て当たり前、と思っていることが出来ないから、試合では落ち込む。

これはちょっと、自意識過剰ですしね。

 

2.エラーを気にしないチームは、強い

もちろん、どんなスポーツでもミスは痛いしエラーは嫌。

でも、その背景としては「自分たちが出来ること」をやろうとしているから、という部分が大きい。

そりゃ、落ち込みますよ。

でも、実際の試合では「思い切った作戦」を吹っ切れてやってみる。

難しいこと、と思って実行すれば、エラーを気にしなくなれる。

もちろん、成功するつもりで本気で挑みますけど。

実際には、ミスしたときにどういうメンタルになるのか、が大事じゃないですか。

試合前の準備、だと思いますよ。

 

3.失敗して落ち込まない準備、は工夫次第

具体的に、ノートに書いたり言葉にしておく。

失敗しても落ち込まない、なぜなら自分たちのチャレンジだから、と考えておきましょう。

こういうポイントは、試合の序盤で作っておきたい。

試合前の想定、をしっかり作っておくことは、失敗後の自分のメンタルを作るということ。

何でもできる、と思って試合に入ってしまうと、ギャップで苦しみますからね。

ぜひ、具体的に言葉にして、書き出しておいて下さい。

自分で書いたことって、頭に残っているから忘れないです。

 

4.「出来ること」しかやらない試合なんて、勝てない

勝てる相手、は限られるでしょう。

ちょっと試合では、チャレンジしていくような場面も大事です。

もちろんポイントを取る為ですが、同時に、相手に怖さを与えたいんですよね。

みなさんも試合をしていて、相手からプレッシャーや恐怖を感じるときって、「思い切った作戦でチャレンジ」して来るような時、じゃないですか?

自分がそのときに出来ること、が試合では基本戦術。

でも、それだけでも怖さが出ない。

同時に、アナタの成長も難しいでしょう。

 

思い切った作戦、のミスは気にしない。

この準備は簡単なようで難しい。

やっぱり、落ち込みますからね、言っても。

でも、私は経験してきたからこそ言えます、ぜひ思い切って動いて欲しい。

そこから、相手が感じて崩れてくれる試合、が多いはずですから。

ぜひ、試合前に準備して入る、癖を付けてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?

    先日、女子ダブルスの草トー大会を観る機会があったのですが、そこで感じた…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験した…

  6. メンタル

    動画を見て、その絶望を超えていけ

    最近、YouTubeを更新していて、感じます。これ、自分たち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  2. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  3. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打…
  4. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリ…
  5. テニス ポーチ

    スマッシュ

    スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステ…
PAGE TOP