テニス 戦術

戦術

プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。

自分では意図しないスコアになっていても、終盤になれば挽回出来る・・・とも限らないですよね。

試合に強い選手、ダブルスペアは、序盤の戦い方が上手い。

試合巧者への近道は、序盤をどう戦うかにかかっています。

今回はそんなテニスの試合の序盤にやっておくと良い、4つのポイントを選んでみました

 

プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

 


 

1.積極的に前衛がポーチに出る

前衛がポーチに出る、ことは序盤でこそ大事。

序盤に出ておけば、相手はずっと、試合中プレッシャーを感じ続ける。

後半でいきなりポーチに出始めても、相手からすれば「普段より、無理しているな・・・」という印象で、あまりプレッシャーにならない。

しっかり積極的に前衛が動くなら、試合の序盤がベストです。

 

2.工夫されたリターン

一工夫あるリターンは、ぜひ試合の序盤に繰り出しておきましょう。

ダブルスであればストレートへの展開、ロブも大事。

シングルスではリターンダッシュ。

こういった工夫を序盤で見せておくと、相手は試合の入りからサーブに集中出来ない。

それだけ、リターンで揺さぶりをかけられる、というのは嫌なものなのです。

序盤にブレイクのチャンス、を作ることは試合の流れを持って来るうえでも大事なことです。

 

3.相手の対応力の確認

1.や、2.のような少し奇策に近い作戦を用いたときに、相手はどういう対応をしているか。

序盤にいきなり、変化のあるポイントになったときには、相手の本性の部分が出やすい。

この相手の素の部分、対応パターンはしっかり記憶しておきましょう。

終盤の競った場面で、「そういえば序盤でロブは全部、後衛がカットしてたな・・・」なんて情報が、きっと活きてくるはずです。

 

4.徹底した守備的な戦術

粘り強さ、をアピールするとどんなメリットがあるのか。

まずは相手が強引なショットに終始して、ミスをもらいやすくなりますよね。

しっかりボールを最後まで追える人って、テニス選手でも意外と少ない。

だからこそ、序盤で相手の戦意を削ぐ、それくらい印象的な守備を見せつけておきたいのです。

 

序盤にやることは、試合前から決めておく。

相手にどんな印象を与えて、終盤の試金石にしたいのか。

序盤はプレッシャーが少ない分、細かいミスは気にしなくてOK。

とにかく明確に具体的に、一度アナタ自身で考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者

    テニスの試合、強い相手はココが違う。ラリーが続いても、基本は一…

  2. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

    プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。…

  3. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  4. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方について

    今回はご質問があった、このテーマについて。実は私も、この問題・…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  6. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

特集記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込む…
  2. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いア…
  3. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  4. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
PAGE TOP