テニス サーブ

サーブ

実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!

試合でのサーブは、センターへのコース中心。

特にダブルスをプレーしている方は、この意識が強いですよね。

でも、実際の試合ではセンターへのサーブ対策、相手もバッチリやってきているでしょう。

ここで大事なのは、ハッキリワイドへ打てるかどうか。

サーブをワイドのコースに打つ、のは・・・実は難しい。

実戦で使えるサーブ、でいかにワイドを使っていくのかを改めて考えておきましょう。

 

実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!

 

1.ワイドへのサーブは、絶対に必要

どんなに良いサーブがセンターに打てても、それだけだと辛い。

相手はもうセンター寄り、に立ってリターンを待ち構えてきますからね。

結構ダブルスの試合でも、もう完全に読まれているのにセンターへのサーブに固執している人、多いですよ。

男子ダブルス、のペアでかなり。

だからこそ、ワイドへのサーブは必須なんです。

相手リターンに、「こっちもあるよ」という部分を見せておく。

それだけで、かなりプレッシャーになってセンターへのサーブもより活きるはずです。

 

2.ワイドへのサーブ、入らないと意味が無い

これは実践向け、の考え方です。

とにかく、遅くても良いのでしっかりコントロールされたワイドへのサーブが入らないと意味が無い。

ワイドへしっかり入れば、それだけでセンター待ちしていたリターンの選手は辛いんです。

リターンなら、グリップチェンジも急がないといけないし、速いサーブでなくても予測が外れたらすごく有効、なんです。

ワイドへしっかり、確実に入るサーブ。

アナタは、どちらのサイドからも打てるでしょうか?

 

3.スピンとスライス、両方使えると両サイドに強くなる

例えば右利きの方であれば、デュースサイドはスライス、アドバンテージサイドはスピン、がワイドのコースは狙いやすい。

もちろん自分の得意な球種で良いと思いますが、意識したいのは軌道の高さ。

ワイドへのコースを狙うと、どうしてもネットの高さが少しだけ高い場所、を通さないといけない。

センターへのサーブよりも軌道自体を上げていかないと、確率が下がってしまうんです。

それに、ワイドへのコースは斜めに確保出来るので、距離を出してもオーバーフォルトになりにくい。

そう考えると、高めに長めに打って良い。

この感覚、結構大事ですよ。

 

4.ワイドへのサーブを磨けば、シングルスにも使える!

ダブルスだけじゃなく、シングルスの試合でも使える。

それがワイドのコースへのサーブ、です。

私はシングルスの試合でもサーブ&ボレーを混ぜていくので、ワイドへサーブを打ってオープンスペースへ、はすごく使えるパターン。

厳しいサーブじゃなくて、相手を動かす、スペースを作るような意識で良い。

それで充分、ポイントは取れますしね。

相手にしっかり、自分はワイドのサーブもあるということをアピールする、ことで当然センターへのサーブも効果的になっていきます。

 

5.使いたいのは下半身のキック!

軌道を高くしたいなら、コートから力をもらう。

ワイドのサーブこそ、軽く膝を曲げて上方向に力を伝えていく、コートをキックするようにして打っていきましょう。

右利きの方がデュースサイドからワイドへ狙うときは、多少身体が開いても良い、と私は思います。

ただし、その逆のアドバンテージサイドではなるべく閉じたまま、で打ち終わるのが理想。

このあたり、両サイドでしっかり使い分けていくと良いと思いますよ。

身体の開きは、サイドによって使い分けることで、ワイドへ狙いやすいサーブになっていきます。

 

ワイドへのサーブは、遅い、高い、深い・・・が大原則。

つい、エース狙いで速くなってしまう人は要注意です。

あくまでテニスの試合でのサーブの軸は、センター。

そこにアクセントとして、ワイドへのサーブを混ぜていく。

そのサーブをしっかり入れていくこと。

これが大事ですね!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で

    以前に、「ファーストサーブは、セカンドサーブを少し強力にしたモノ」とい…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように

    トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。難…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  6. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くなる

    テニスのショットの特徴として、「ボールが曲がる」という要素がある。…

特集記事

  1. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしま…
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  3. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事
  5. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
PAGE TOP