テニス サーブ

メンタル

テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー」を磨いていく必要があります

プレッシャーのかかる場面で、どういうプレーが出来るのか。

これはテニスに限らずあらゆるスポーツにおいて必要な要素です。

攻撃するにしても、そのときどういうポイントの状況なのか?

相手がポーチに出ようとしている、出てきているところが目に入る・・・。

そんな中で自分が迷わずぶれずに、プレー出来るかどうかが、本当に強い選手かどうかの分かれ目です。

 

テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー」を磨いていく必要があります

 


 

■「迷いの無いプレー」が結果的に良いボールを呼び込む

例えばダブルス。

クロス方向へのリターンを決めておいて、前衛とも打ち合わせが済んでいる。

それなのに相手がポーチに出て来るところが見えて、急遽ストレートに切り返してミス・・・というシーン、よく見ますよね。

確かにこういった切り替えしてのストレートが上手い選手もいますが、自信が無いのに相手を避けようとしてプレッシャーに負けている選手は、まず試合で勝てません。

前衛からしても、「えっ・・・?」となる。

プレッシャーに押されて迷いが生じ、それが具現化されるようでは試合で絶対に勝てません。

 

■プレッシャーがかかる場面だからこそ、自分を信じる

私であれば、上記のような場面では無理せず、安定したクロスのショットを継続します。

もちろん相手が目には入れば気になりますが、それでもまずは「良いボール」を打つことを優先。

良いボールであれば、ポーチされても相手が押されてミスになるかも。

前衛がカウンターで反撃してくれるかも・・・ということも、イメージ出来ます。

相手がプレッシャーをかけてくることも、試合ですから折込み済。

しっかり相手の動きも想定しながら、試合の準備をしましょう。

 

■ポイントシチュエーションのプレッシャーは、試合の中で避けられない

自分のマッチポイント、相手のマッチポイント。

そんな場面でアナタは自分のプレーをしっかり、最後まで継続できますか?

「弱気になって、結局モヤモヤしたままテニスの試合が終わる」癖がある人は、何を変えていけば良いのか。

まずは練習から、どういうポイントを想定して練習しているのかを明確にすること。

そしてマッチポイントでどういうプレーをするかは、何パターンか決めておいても良いでしょう。

 

ただメンタルが弱い、という言葉で片付けない。

相手はプレッシャーをかけてアナタにミスをさせようと必死です。

その誘いに乗らないように、また逆に相手に対してアナタがプレッシャーをかけることで試合を優位に進められるように、意識したい。

その為には、「プレッシャーがかかると、自分はどういうプレーになるか?」を客観的に認識しておきましょう。

しっかり認識出来れば、具体策も出来る。

安心して下さい。

最初からメンタルに強い、プレッシャーに負けない選手なんていない。

みんな負けながら、悔しい想いをしながら強くなってきたんです。

次は、アナタの番です。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質

    ぜひ、試合では勝負師になってほしい。これに必要なのは、何かを捨…

  2. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人

    テニスの試合に強くなる人。どんな人か・・・は、色々なご意見があ…

  4. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「勝負事に勝つイメージを付けたい!」人に超絶オススメなのドラマ作品とは?

    年末年始、皆さんはどんな過ごし方をされますか?しっかり時間が取…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  2. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう
  3. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶ…
PAGE TOP