テニス サーブ

メンタル

テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー」を磨いていく必要があります

プレッシャーのかかる場面で、どういうプレーが出来るのか。

これはテニスに限らずあらゆるスポーツにおいて必要な要素です。

攻撃するにしても、そのときどういうポイントの状況なのか?

相手がポーチに出ようとしている、出てきているところが目に入る・・・。

そんな中で自分が迷わずぶれずに、プレー出来るかどうかが、本当に強い選手かどうかの分かれ目です。

 

テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー」を磨いていく必要があります

 


 

■「迷いの無いプレー」が結果的に良いボールを呼び込む

例えばダブルス。

クロス方向へのリターンを決めておいて、前衛とも打ち合わせが済んでいる。

それなのに相手がポーチに出て来るところが見えて、急遽ストレートに切り返してミス・・・というシーン、よく見ますよね。

確かにこういった切り替えしてのストレートが上手い選手もいますが、自信が無いのに相手を避けようとしてプレッシャーに負けている選手は、まず試合で勝てません。

前衛からしても、「えっ・・・?」となる。

プレッシャーに押されて迷いが生じ、それが具現化されるようでは試合で絶対に勝てません。

 

■プレッシャーがかかる場面だからこそ、自分を信じる

私であれば、上記のような場面では無理せず、安定したクロスのショットを継続します。

もちろん相手が目には入れば気になりますが、それでもまずは「良いボール」を打つことを優先。

良いボールであれば、ポーチされても相手が押されてミスになるかも。

前衛がカウンターで反撃してくれるかも・・・ということも、イメージ出来ます。

相手がプレッシャーをかけてくることも、試合ですから折込み済。

しっかり相手の動きも想定しながら、試合の準備をしましょう。

 

■ポイントシチュエーションのプレッシャーは、試合の中で避けられない

自分のマッチポイント、相手のマッチポイント。

そんな場面でアナタは自分のプレーをしっかり、最後まで継続できますか?

「弱気になって、結局モヤモヤしたままテニスの試合が終わる」癖がある人は、何を変えていけば良いのか。

まずは練習から、どういうポイントを想定して練習しているのかを明確にすること。

そしてマッチポイントでどういうプレーをするかは、何パターンか決めておいても良いでしょう。

 

ただメンタルが弱い、という言葉で片付けない。

相手はプレッシャーをかけてアナタにミスをさせようと必死です。

その誘いに乗らないように、また逆に相手に対してアナタがプレッシャーをかけることで試合を優位に進められるように、意識したい。

その為には、「プレッシャーがかかると、自分はどういうプレーになるか?」を客観的に認識しておきましょう。

しっかり認識出来れば、具体策も出来る。

安心して下さい。

最初からメンタルに強い、プレッシャーに負けない選手なんていない。

みんな負けながら、悔しい想いをしながら強くなってきたんです。

次は、アナタの番です。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  2. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいんです

    テニスの試合、みなさん秋は特に多いんじゃないでしょうか。正直、…

  3. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

    私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  6. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?
  2. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
  4. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気
PAGE TOP