テニス ミス

メンタル

自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。

それは、知り合いが多いとか、人格者だとかそういう話ではないと思う。

もちろん、人としてしっかりしているというのは大前提ですが、テニスの試合でしっかり自分を鼓舞出来ている人。

さりげなくもしっかり、試合中に「絶対に勝ちたい」という姿勢を見せていく選手だと思います。

 

自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

 


 

■スカして戦う選手も、大声で威嚇するような選手も、応援したいとは思わない

私の意見ですが、この2タイプの選手は応援したいと思えない。

やる気があるのか無いのか、分からないような選手。

相手を大声で威嚇したり、全ポイントで大騒ぎするような選手。

意外と自信が無い、本当に勝ちたいと思っていない選手が多いように思います。

それより、さりげなくしっかり、自分の試合を進めていこうという意志のある選手。

辛いとき、大事なポイントを獲ったときには小さくガッツポーズしたり、感情をコントロールしつつも、少しだけ周りに出していく選手。

応援したいと思いませんか?

 

■「周りから応援される」というのも、立派な選手の実力の一部

試合中に歓声を集める、だけじゃない。

応援される選手には、自然と情報も多く入って来る。

周りとのコミュニケーションが円滑だから、準備もしやすいし練習相手も見つけやすい、どんどん上達していく。

そんな選手に、なれる訳が無い?

いえ、きっと試合の姿勢を変えていくだけで、結構変わっていくと思いますよ。

まずは小さいガッツポーズ、そして苦しいときには少し声を出して自分を鼓舞する、ようにしてみませんか?

私も30歳を超えてから、意識的にそうやって表現するようにしています。

何より、試合に簡単に負けたく無いですからね。

 

■自分を「変える」ことは、いつでもテニスの現場から

「自分は、そういう性格じゃないんだよな・・・」と思う方も、多いでしょう。

ですが、やっぱりスポーツは感情を表に出すのが醍醐味。

他のスポーツなんて、ゴールが決まったりしたら大騒ぎじゃないですか・・・まぁ、チームスポーツなので、出来ることでもありますが。

テニスは個人スポーツ。

アナタ自身で、自分を鼓舞していく、自分を変えていく。

そこにきっと、応援してくれる人はいるはずです。

テニスの現場から変えていけば、アナタの性格も人格も変わり、より人生を前向きに過ごしていけると思います。

 

広く、大げさな話になりましたが、自分の試合の雰囲気を客観視する意識は大事。

スマフォをセットして、動画を撮って観てみましょう。

私はいつも、後で動画を見返すと、「なんてスカしたテニスしてるんだ・・・勝つ気あるのか・・・?」と思ってしまう。

試合の現場では、相当意識しないとなかなか難しい。

ぜひ一度、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

    テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。色々なスポーツ、…

  3. テニス 練習

    メンタル

    練習で、しっかり「自信の土台」を作れているか?

    皆さんは、何のために練習、するのでしょう。もちろん、試合で勝つ…

  4. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい

    普段、何げなく試合中や練習中にコート脇に置いてあるラケットバッグ。…

  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく

    皆さんの周りでも、こんな人いませんか?練習中から、やたらと「し…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  2. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
  3. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
  4. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  5. テニス

    メンタル

    実行するのに勇気が求められる作戦は、成功すれば相手に「大打撃」を与えることが出来…
PAGE TOP