メンタル

自分の名前で、想うこと

目次

突然ですが、自分の名前について考えてみました。

私の下の名前は、「直樹」と言います。

だから何だ、という訳では無いんですが、正直同世代にこの名前が多すぎて(笑)

下の名前で呼ばれることも多いんですが、ありきたり過ぎてあまり好きではなかった…というのが、30歳くらいまで。

それから先は、結構自分の名前も悪く無いかなと思うようになってきました。

その理由について、今日は書いてみたいと思います。

素直である、という武器

自分で言うのも恥ずかしいんですが、改めて感じること。

「素直である」という事の重要性に気づいたのは、実は最近のように思います。

だって、昔は素直であることに抵抗があるじゃ無いですか。

何かを聞いたらとりあえず反発してみる。

私の育った広島という街は、それが当たり前だったように思います。

でも、テニスに対しては昔から「素直」な自分がいたような気がする。

もちろん、納得できないことや悪いこと、後悔するようなこともたくさんしました。

でもそれは、当時の自分が一番良いと考えてやったことなんですよね。

だから、それはすごく今でも誇らしいんです。

素直であったからこそ、たくさん苦労もしたし成長もした。

それは、読者の皆さんもきっと一緒だと思うんです。

素直である、そんな自分を認めることって最高の武器になります。

テニスを通じて得ることができたた経験って、この素直さがベースにあったように思います。

愚直たれ

元々私は、自分自身で器用な方だったと思います。

ある程度そつなくこなす、それで得ることができた評価もありました。

でも、結局それって薄っぺらいものなんですよね。

器用に立ち回っても、結局何も残らない。

それは、T-PRESSを運営していてつくづく感じることです。

もっともっと、愚直で良い。

直樹=愚直、と考えます。

それこそこのブログを一番更新していた頃の方が、自分自身良い発信ができていたように感じます。

今の世の中、つい「見た目や目に見えるもの」だけを見てしまいがちじゃ無いですか。

私は先日の記事にも書きましたが、今年は逆に「目に見えないもの」こそ大事にしていきたい。

愚直に、テニスに向き合いたい。

それを笑う人もいれば、つまらないと離れていく人もいると思います。

それで良いんです。

皆さんは、どうですか?

T-PRESSの運営者の一つの考え方に過ぎないですが、これって実はこれからの時代の本質なんじゃ無いかと思ったりしてます。

そして、真っ直ぐでなくて良い

愚直であろうとすること、それは時に疲れます。

自分に正直になんて、そんな生きられないですよね。

偉そうに書いてますが、私だってそうです。

テニス以外で言えば1人のサラリーマンですから。

真っ直ぐでいないといけない、という固定概念は自分を苦しめるだけ。

曲がって良いし、伸びなくても良い。

でも、自分の中で大事にしたい部分については、器用である必要はない。

そう、自然体で良いんだと思います。

自然に樹が伸びていくように、自分が楽しいと感じること、満たされることに目を向ける。

読者の皆さんに向けて書いているつもりですが、自分に対して言い聞かせているような内容になってきました。

テニスも、同じです。

愚直に、自分が楽しいと思えることに、決断していく。

2022年は、そんな一年でも良いんじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

  2. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  3. メンタル

    コードボールは、アンラッキー?

    テニスの試合、ラリー中にネットに当たって相手コートに入る。こ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう

    新しいことには、パワーが要る。それに、ちょうど新しいことをや…

  6. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく
  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  4. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!
  5. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで
PAGE TOP