テニス メンタル

その他

「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

「テニスについて、自分でも考えるようになりました」

というお声を頂くと、私は本当に嬉しく思います。

実際にお会いしたことが無い方でも、何かのきっかけにこのサイトがなってくれれば、本当に嬉しい。

だからこそ、その先へもどんどん、進んでいって欲しい。

テニスついて、考える。

その先は・・・考え抜いて、自分で決めていくということですね。

 

「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

 

1.考えるだけでも、テニスは楽しくなる

そもそも、テニスはボールゲーム、遊びですからね。

無心で楽しむ、身体を動かすときに頭を働かせるなんて、苦痛な方も多いと思います。

ですが、もう一度このサイトのテーマ、に立ち戻ると・・・「テニスの試合で勝ちたい」という問題が出て来ます。

試合に勝つ、為にはテニスのルールをしっかり知らないといけない。

自分を知り、相手を観察し、勝つための方法を考えていかないといけない。

この「考える」ということが、楽しいと思えるかどうか。

でもそれって、結果論的な部分が大きいと思うんですよね。

 

2.「考える」ことが出来る人は、きっと成功体験を経験した人

テニスについて、「考える」ことが出来る人。

それって、恐らく「考えて試合をしてみたら、意外と上手くいった!」という経験を、1回した人じゃないでしょうか。

考えて作戦を実行してみたけど、上手くいった試しが無い・・・という人は、無心で打っていく方が楽しい!と思いますからね。

一度でも成功、特に今まで勝てなかったような相手に勝ったとき、には嬉しいし「これ使えるな!」と思うはず。

考えることが出来る人、って、こういう人だと思います。

一つのきっかけで、自分の価値観は変わっていく。

それがテニス、ですからね。

 

3.さぁ、次の段階へ

こうやって「考える」ことが出来て来ると、次の段階に進みたくなります。

私自身、まだこれの繰り返しなのですが・・・徹底的に「考え抜いてみる」ということ。

自分のテニス、の今とその先について。

本当に試合に勝つには、どうすれば良いんだろう・・・?と、丸1時間くらい、本気で真剣に考えてみる。

それ以上、の時間をかける必要は無いでしょう。

「考える」くらいのレベルじゃない、何かを自分の中で決める、結論を出すくらいの覚悟でやってみて欲しい。

テレビもスマートフォンも無い部屋で、紙とペンだけ持って、1時間。

考え抜く、という作業は、絶対にアナタを強くしてくれると思いますよ。

 

4.考え抜く為に、先入観は障害になる

何度か書いてきましたが、「これは昔から、こうだから」という先入観は無くしたい。

これが難しいんですよ・・・私自身、まだ毎日書く記事は、先入観で染まっているんじゃないかと、自問自答の毎日です。

テニスについて考え抜く、その一番の障害は先入観、思い込み、です。

アナタ自身で決めていくうえで、「今までこうだったから」とかは、本来関係無い。

むしろ、その要素を入れれば入れるほど、決断は変化を伴いませんからね。

自分が楽な方向、で考える癖が付いてしまうと思いますよ。

 

頭は使えば使う程、「テニス脳」になっていきます。

テニスについて考える、考え抜く、ことはアナタ自身のやり方でOK。

だからこそ、しっかり時間をかけて、鍛えて欲しい。

いや、大変ですよ。

無心でラケットを振って、走っている方が何倍も楽。

でも、やはりそれだけだと、そこまでの選手にしかなれない。

まだまだ、自分の可能性を一緒に探っていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

  2. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?

    秋はファッション、おしゃれが楽しい時期ですね。テニスをしていて…

  3. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

    昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。今年は5年ぶりに私も…

  4. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう

    自分のテニスをもっと強くするためには、どうすればいいんだろう?…

  5. その他

    T-PRESS CUP 2019.8 開催します

    以前に告知させて頂きました、「試合経験を積む場」としての学生大会を以…

  6. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく
  2. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?
  3. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない
  4. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
PAGE TOP