テニス メンタル

その他

「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

「テニスについて、自分でも考えるようになりました」

というお声を頂くと、私は本当に嬉しく思います。

実際にお会いしたことが無い方でも、何かのきっかけにこのサイトがなってくれれば、本当に嬉しい。

だからこそ、その先へもどんどん、進んでいって欲しい。

テニスついて、考える。

その先は・・・考え抜いて、自分で決めていくということですね。

 

「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

 

1.考えるだけでも、テニスは楽しくなる

そもそも、テニスはボールゲーム、遊びですからね。

無心で楽しむ、身体を動かすときに頭を働かせるなんて、苦痛な方も多いと思います。

ですが、もう一度このサイトのテーマ、に立ち戻ると・・・「テニスの試合で勝ちたい」という問題が出て来ます。

試合に勝つ、為にはテニスのルールをしっかり知らないといけない。

自分を知り、相手を観察し、勝つための方法を考えていかないといけない。

この「考える」ということが、楽しいと思えるかどうか。

でもそれって、結果論的な部分が大きいと思うんですよね。

 

2.「考える」ことが出来る人は、きっと成功体験を経験した人

テニスについて、「考える」ことが出来る人。

それって、恐らく「考えて試合をしてみたら、意外と上手くいった!」という経験を、1回した人じゃないでしょうか。

考えて作戦を実行してみたけど、上手くいった試しが無い・・・という人は、無心で打っていく方が楽しい!と思いますからね。

一度でも成功、特に今まで勝てなかったような相手に勝ったとき、には嬉しいし「これ使えるな!」と思うはず。

考えることが出来る人、って、こういう人だと思います。

一つのきっかけで、自分の価値観は変わっていく。

それがテニス、ですからね。

 

3.さぁ、次の段階へ

こうやって「考える」ことが出来て来ると、次の段階に進みたくなります。

私自身、まだこれの繰り返しなのですが・・・徹底的に「考え抜いてみる」ということ。

自分のテニス、の今とその先について。

本当に試合に勝つには、どうすれば良いんだろう・・・?と、丸1時間くらい、本気で真剣に考えてみる。

それ以上、の時間をかける必要は無いでしょう。

「考える」くらいのレベルじゃない、何かを自分の中で決める、結論を出すくらいの覚悟でやってみて欲しい。

テレビもスマートフォンも無い部屋で、紙とペンだけ持って、1時間。

考え抜く、という作業は、絶対にアナタを強くしてくれると思いますよ。

 

4.考え抜く為に、先入観は障害になる

何度か書いてきましたが、「これは昔から、こうだから」という先入観は無くしたい。

これが難しいんですよ・・・私自身、まだ毎日書く記事は、先入観で染まっているんじゃないかと、自問自答の毎日です。

テニスについて考え抜く、その一番の障害は先入観、思い込み、です。

アナタ自身で決めていくうえで、「今までこうだったから」とかは、本来関係無い。

むしろ、その要素を入れれば入れるほど、決断は変化を伴いませんからね。

自分が楽な方向、で考える癖が付いてしまうと思いますよ。

 

頭は使えば使う程、「テニス脳」になっていきます。

テニスについて考える、考え抜く、ことはアナタ自身のやり方でOK。

だからこそ、しっかり時間をかけて、鍛えて欲しい。

いや、大変ですよ。

無心でラケットを振って、走っている方が何倍も楽。

でも、やはりそれだけだと、そこまでの選手にしかなれない。

まだまだ、自分の可能性を一緒に探っていきませんか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス 読書

    その他

    その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず

    きっと、上達を感じられる時ってこんなとき。なかなか、自分の上達…

  2. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ

    いくら何でも、今年の夏は暑すぎる・・・。テニスしたくても身の危…

  3. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  4. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  5. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  6. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

    テニスの大会の醍醐味の一つが、団体戦。関東には一泊二日の泊まり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケッ…
  3. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてく…
  4. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
PAGE TOP