テニス メンタル

その他

「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を聞きます。

このしっかり打てるって、どの程度のレベルなんだろうと思う。

大抵こう言っている人は、いつまでたっても試合で新しいことにチャレンジできないし、実際勝てない。

アナタ自身、そんな感じになってはいませんか?

 

「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

 


 

■テニスの試合って、どうやって進めてますか?

シングルスにダブルス、色々な試合がありますが、試合中どうやって相手と戦ってますか?

もちろん自分自身のテニスを一生懸命することは大前提ですが、少しポイント差でリードできたときは、チャレンジするようなショットも打ってるんじゃないでしょうか。

サーブなら、より端を狙ってあわよくばエース狙い。

ネットに詰めて相手にプレッシャーをかけるのもあり。

テニスの試合で結果を出せる人は、このギアの上げ下げが少なからずできている人が多い。

 

■どんなショットも、初めて試合で使ったときから進歩していく

初めて試合に出たときは、当然やることなすこと全て初めて。

でも試合に出ることに慣れてしまうと、つい「失敗したくない」「周りからどう見られているか・・・」を考えてしまいがち。

もちろん理解できますが、新しいことにチャレンジするような姿勢は常に持ってほしいと思います。

だからこそ、練習で「6割」くらいできるようになったと感じたら、どんどんその技術を本番で試して欲しいのです。

 

■実践してみて見えてくる世界が、必ずある!

なぜなら、試合で実際に使ってみた感触や相手の反応は、やってみないと分からないから。

私自身、今ではドロップショットを多く使うプレースタイルですが、そのきっかけは「意外に甘くても相手は困ってるぞ!」と気付いたから。

甘いドロップショットは言わば相手のチャンスでもありますが、それでも前に引っ張り出されることで、ボロが出てくる選手もいます。

完璧なテニス選手はいない訳ですから、そのボロを引き出せるかどうかがテニスの試合では重要。

だからこそ、新しい技術には常にトライしていかないといけません。

 

試合で使ってみると、「もっとこう打ちたい!」「このコースに打てれば決まっていたかも!」という感想も生まれます。

それこそ、あなたの成長の種です。

テニスでもスポーツでも何でもそうですが、人は「必要性」を感じなければ永遠に成長などありません。

テニスの試合で勝ちたいなら、この必要性の種を自分で探し、育てて、花を咲かせる必要があります。

少しくらい恥をかくくらいでOK。

試合で恥をかかないことこそ、恥だと思うので。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い

    私は普段、テニス以外の競技も試合を観戦する機会が多い。それこ…

  2. その他

    テニスにおいて、遠慮は保身

    今年こそ、今までの自分の壁を越えたい。本気で考えているなら、…

  3. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう

    大事な試合、もう終わってしまった方もいるでしょう・・・。県総体…

  4. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

  5. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  6. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ…
  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  4. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!
PAGE TOP