テニス 戦術

ダブルス

ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。

でも、味方のパートナーが前衛にいるときには・・・どうでしょう?

相手のスマッシュに備えて下がってもらう、必要がありますよね。

ちょっとしたことですが、ダブルスでは基本中の基本。

大事なのは、ボールを打つ後衛の判断力と声を出す勇気です。

 

ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

 

1.雁行陣の弱点、を意識しよう

ダブルスの雁行陣、前衛がネット近くにいて、後衛がベースラインでストローク。

非常にバランスが良い陣形ですが、難点ももちろんあります。

その一つが、前衛と後衛の「距離が離れている」ということ、です。

ですので、前衛は後衛がどんな感じのプレーをしているのか、を把握出来ないし、インプレー中は声も聞こえ辛い。

だからこそ、しっかり後衛は「ロブを上げた!下がって!」という声かけをしないといけない。

前衛は、後衛が打つ瞬間は基本的に相手側の前衛を見ていますからね。

苦しい状況なのか、余裕があるのか・・・は、分からないと思っていた方が良いです。

 

2.「上げた!」という声で、下がる練習をしておこう

ダブルスの試合、下がればスマッシュはある程度触れる。

でも、前衛にいると、それが取れないしスマッシュで狙われる「穴」になってしまうんですよね。

これを防ぐには、後衛がロブを上げた瞬間に「上げた!」と言う癖を付けること。

そして、前衛にベースラインくらいまで下がってもらう。

このロブをしれっと上げて、知らん顔している後衛は、もうダブルスプレイヤーとして終わってます。

前衛がスマッシュの危機にさらされるし、失点の確率が高くなる。

相手の厳しい攻撃、深いストローク、ボレーでロブしか打てないシチュエーションは絶対にある。

だからこそ、しっかり練習で声掛けから下がる動きまで、連動して動ける準備をしておかないとダメです。

 

3.ロブでも例外はある

例えば、攻撃的なロブ、はどうでしょう。

雁行陣で、相手前衛の頭上にトップスピンロブを打って、攻撃していくような場面。

そういう時には、声をかける?かけない?

皆さんはどっちでしょう?

私は、かけない。

但し、ポイントの前で「トップスピンロブを使うかも」という声かけは、行っておく。

そうすれば、前衛も頭の片隅にトップスピンロブがあるし、慌てずに対応出来る。

結果的に、そのロブが甘くなって打たれたら仕方ないですよ。

こちらも攻撃にいこうとして、ミスが出るのは仕方ない。

大事なのは、守備でのミスを減らすこと、です。

 

4.守備の戦術でのミス、は試合で限りなく減らせる

私は、こう思います。

守備的な戦術、例えばロブを上げて前衛が下がる、2人でベースラインの態勢を作る、というのは、ダブルスの基本。

守備的な戦術、でミスはしないという意識が大事。

下がっても取れない、結果的に失点してしまうことはあるでしょう。

でもそれは、相手のナイススマッシュ。

だからこそ、「相手にリスクを冒させた」と思って良しとしましょう。

声掛けをしないで、守備的な戦術を用いないダブルスペアこそ・・・大問題ですね。

 

小さいことですが、この「上げた!」の声をしっかり出せるかどうか。

これはダブルス選手として、大事なポイントです。

先輩だろうが上手い人だろうが、後衛であるアナタは試合のゲームメーカー。

前衛に指示を出す、ことから逃げてはダメ。

普段の練習から、ロブとセットで声出し、意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  2. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

    誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。ダブルスの試合で、…

  5. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

    試合に出始めたみなさんが、最初に感じること。その一つは、きっと…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

    ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてます…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える
  3. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち…
  5. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
PAGE TOP