テニス チャンス

戦術

「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

テニスでは準備が大事。

いや、テニスに限ったことでは無いと私は思います。

勉強に仕事、恋愛・・・全て、試合の現場で何かミラクルが起きることなんて少ない。

大事なのは試合前、そして打つ前、全てにおける事前の準備です。

 

「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

 


 

1.テニスの準備には、2種類ある

私は2つに準備を分けている。

一つは、試合前の作戦から道具の準備、体調管理など「試合前」に出来る準備。

もう一つは、試合で各ショットを打つ前の「準備」、つまりテイクバックやフットワークですね。

これらは、どちらも凄く大事。

なぜかと言えば、それは技術的な問題というよりも「やるかどうか」が大きな問題だからです。

 

2.結局は、「やるかやらないか」の問題だけ

試合での実力、なんてそんなに大差は無い。

ような試合では、この準備力が絶対に試合の結果を左右する。

試合前に体調を整えたり忘れ物を無くす、自分の作戦を確認しておく、ことは誰にでも出来る。

なのに何もやらないで、「自分はメンタルが弱い」と嘆いたりする人が多い。

やっていない、から結局は自信が生まれないし、負けることを簡単に受け入れる。

しっかり準備していれば、簡単に負けるなんて受け入れられないはず。

だってそれくらい、準備してきた訳ですから。

 

3.各ショットの「準備」は、早過ぎるくらいで良い!

テイクバック、フットワークの動き出し、まだまだ皆さん遅い。

遅い・・・というか、どこかで余裕をかましてる。

速過ぎるくらいでラケットを引いて、ボールの後ろに回り込んでいかないと試合では勝てない。

「間に合っている」とアナタが感じていること、私から見れば「ギリギリで何とかしている」ケースがほとんど。

この準備に神経質にならないと、絶対に安定感は得られませんよ。

速過ぎるくらいで、きっとちょうど良いんです。

この準備も、結局はやるかやらないか・・・です。

 

準備力は、試合力。

準備って、どれだけ時間と労力をかけても良いんです。

アナタ自身、色々工夫してみませんか?

今週末の試合の準備、いや試合はもう始まってますよ!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと

    テニスの試合、ボールを打って相手からノータッチエース。サーブで…

  3. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

    試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。相手がいな…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  5. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  6. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう

    どうも試合に慣れない、練習はマンネリ化している。こういうみなさ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
  2. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人
PAGE TOP