テニス チャンス

戦術

「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

テニスでは準備が大事。

いや、テニスに限ったことでは無いと私は思います。

勉強に仕事、恋愛・・・全て、試合の現場で何かミラクルが起きることなんて少ない。

大事なのは試合前、そして打つ前、全てにおける事前の準備です。

 

「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

 


 

1.テニスの準備には、2種類ある

私は2つに準備を分けている。

一つは、試合前の作戦から道具の準備、体調管理など「試合前」に出来る準備。

もう一つは、試合で各ショットを打つ前の「準備」、つまりテイクバックやフットワークですね。

これらは、どちらも凄く大事。

なぜかと言えば、それは技術的な問題というよりも「やるかどうか」が大きな問題だからです。

 

2.結局は、「やるかやらないか」の問題だけ

試合での実力、なんてそんなに大差は無い。

ような試合では、この準備力が絶対に試合の結果を左右する。

試合前に体調を整えたり忘れ物を無くす、自分の作戦を確認しておく、ことは誰にでも出来る。

なのに何もやらないで、「自分はメンタルが弱い」と嘆いたりする人が多い。

やっていない、から結局は自信が生まれないし、負けることを簡単に受け入れる。

しっかり準備していれば、簡単に負けるなんて受け入れられないはず。

だってそれくらい、準備してきた訳ですから。

 

3.各ショットの「準備」は、早過ぎるくらいで良い!

テイクバック、フットワークの動き出し、まだまだ皆さん遅い。

遅い・・・というか、どこかで余裕をかましてる。

速過ぎるくらいでラケットを引いて、ボールの後ろに回り込んでいかないと試合では勝てない。

「間に合っている」とアナタが感じていること、私から見れば「ギリギリで何とかしている」ケースがほとんど。

この準備に神経質にならないと、絶対に安定感は得られませんよ。

速過ぎるくらいで、きっとちょうど良いんです。

この準備も、結局はやるかやらないか・・・です。

 

準備力は、試合力。

準備って、どれだけ時間と労力をかけても良いんです。

アナタ自身、色々工夫してみませんか?

今週末の試合の準備、いや試合はもう始まってますよ!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

    傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無…

  2. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  3. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

  4. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  5. 戦術

    テニスの試合では、「自分がやられて嫌なプレー、は大抵相手も嫌がる」ことを意識して実践してみること

    「自分がやられて嫌なことは、人にやってはいけません」と、小さい頃言われ…

  6. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい
  3. テニス 試合

    練習メニュー

    自分が頑張れない理由を、探し続ける人たち
  4. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです…
PAGE TOP