シングルス

「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?

私は本当に、速さよりもコントロール、にとにかく終始。

粘り強い相手でも、強打してくる相手でも、まずはしっかりコートを広く使って動かすことが大事です。

 

「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

 


 

1.相手を動かす、ことが出来れば試合にリズムが出来る

アナタが自分でコントロールしている、その中でラリーをしている感覚が出来ると、調子が上がる。

テニスって、相手を自分が動かしている・・・と思うと、自信が生まれますよね。

それは、絶対に「遅いボール」の方が良い。

速いボールだとリスクも高いし、アナタ自身も速い構えだったり求められる技術が上がってきます。

 

2.コートの端から端、に動かせば相手は崩れてくれる

対戦相手がどんなにストロークの名手でも、きっと苦しくなる。

3歩以上、5歩以上動いてボールを打つのって、テニスでは結構ストレスになる。

まずはしっかり、遅いボールで良い。

相手に追いつかれて、返球されても良い。

大事なのは、自分はしっかり動いて打つ、ミス無く淡々と相手を動かしていくことです。

 

3.遅くてもコートの端、にコントロール出来る技術ある?

アナタ自身普段の練習で、速いボールや華やかなショットにばかり目がいっていないか?

コートの端に、ゆっくりボールを打つ。

スライス、スピン、フォアハンド、バックハンド、全てのパターンから打てるようになるには、かなりの練習が必要です。

しっかり試合で意識出来れば、普段の練習でも真剣度が違う。

シングルスの試合、コートの端を使うのは遅いボールで。

速いボールはむしろ安全圏に打って、見せ球として使いましょう。

 

遅いボールなんて、ダサい・・・と思っている人は、大抵遅いボールに弱い。

遅くても深い、コートの端に入るボールがいかに嫌かは、対戦していれば分かるはず。

テニス選手として、しっかりシングルスでは相手を動かしていく。

練習で何が必要か、再度考えてみましょう。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  2. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

    よくテニスの戦術に、「ワイドに打ったら、そのままワイドをケアで!」とい…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  4. テニス サーブ
  5. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

特集記事

  1. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデ…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
PAGE TOP