テニス ミス

その他

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

少し早いですが、皆さんは今年一年どんな年でしたか?

思うような結果、残せましたか・・・?

色々チャレンジしたり、試行錯誤している人は不安も多いはず。

でもそれで良いし、それがテニス選手として当たり前、なんです。

 

「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

 


 

1.想定出来る未来は、必ず実現してしまうのがテニス

良くも悪くも、アナタが想像していること。

それは、テニスではほぼ実現出来ると思った方が良い。

「来年も、県大会ベスト16くらいかな・・・」と思ったらそうなる、不思議ですが。

自分が想像出来る、ということは、ある意味自分で限界を作ってしまうということ。

無意識にやっている方も多いと思いますが、この年末の時期に、来年の自分のテニスについて考えてみることは必要です。

 

2.「想像出来ない」くらいのチャレンジ、が出来ているだろうか?

来年の想像出来る、という人。

良い意味で言えば、積み重ねてきた練習や仕込みが、一気に花開くことが想像出来るのかも知れない。

でもほとんどの方は、「あまり練習出来ていないし、環境も変わっていない。結局同じくらいかな・・・」と、現実的に考えてしまっているのではないでしょうか?

そんな方は、今からでも遅くない。

「来年の自分が想像出来ない」くらいのチャレンジ、してみませんか?

プレースタイルを変える、バックハンドを片手から両手にする、みたいな感じで、誰の目から見ても分かるくらいの変化を付けてみても良いと思います。

それくらい変えて初めて、想像出来ないくらいの自分になっていけるはずです。

 

3.アナタのテニス、もっと無限に出来ることはある

学校の部活でもサークルでも、ほとんどが「イメージ出来ること」の繰り返し。

それはなぜか。

答えはシンプルで、必ず身近に「先輩」がいるからです。

「先輩のように、自分も来年は過ごすんだろうな・・・」と思うのが自然ですよね。

悪くないですが、それだと先輩と同じように勝てない、ですよ。

変えていくのは自分自身、です。

 

年末のこの時期、自分を振り返ることは大事です。

そのときに、想像出来てしまう自分に、危機感を持つこと。

想像出来ない自分に、ワクワクすること。

性格の問題?

だったらテニスを通じて、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. その他

    試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

    「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂き…

  2. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?

    夏も後半に入り、新チームでもある程度態勢が整ってきた部活が多いと思いま…

  4. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  5. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  6. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出…
  3. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  4. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?
PAGE TOP