ダブルス

強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?

「相手ペアは、実力差がある組み合わせだから、弱い選手を狙おう・・・」と思っていたら、最終的に勝てない。

ポイントが獲れているようで、自分たちのペースにはならない・・・結果負けてしまう。

この理由、一緒に考えてみましょう。

 

強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

 


 

1.「弱い方が狙われる」なんて、相手は慣れている

相手ペアとしても、弱い選手が狙われるのは織り込み済。

実力的に上の選手からすると、いかにカバーして試合を進めていくかは、もう試合前からしっかり考えて準備している。

弱い選手も、「自分は狙われる」ことが分かっているから守備的に、しぶとくテニスしてくる。

アナタのペアは、どう戦えば良いのか、再度考えて挑まないと相手の思うツボ。

私がオススメするのは、あえて相手ペアの中枢の「強い選手」を序盤に攻撃していくことです。

 

2.実力が上でリーダーの選手、を調子に乗せてはダメ!

相手ペアが一番嫌なこと、困ることは何か。

それは、「実力が上の選手が、相手をコントロール出来なくなること」です。

つい上手い選手の方には打たないように避けてしまいがちですが、それではいつまで経っても相手のペースのまま。

「俺たちは、お前を怖がってはいないぞ!」というメッセージは、試合の序盤で早めに見せておく。

勇気を持って、中枢である選手の方から崩していくことが、試合に勝つ試金石になるのです。

 

3.奇襲を織り交ぜて、序盤に攻撃していこう

私がオススメするのは、奇襲作戦。

上手い選手が前衛、にいるときにストレートアタック、サーブを打ってくるときにはリターンダッシュ。

とにかく正攻法以外のやり方で、相手の上手い方の選手を揺さぶっていきましょう。

相手からしても、「あれ?俺の方から攻めてくるの・・・?」と意表を突かれるはず。

相手ペアも、「自分を引っ張ってくれると思ってたのに、やられてるな・・・」と不安でいっぱいになる。

奇襲作戦を序盤に入れて、相手ペアにはどんどん迷ってもらうようにしましょう。

 

実力差があるペアには、しっかり準備したい。

相手が考えていることの、逆をやってみる。

想定内、で相手がテニスを進めているうちは、試合に勝つのは難しいでしょう。

少しの勇気で、実は奇襲が正攻法を上回る。

ダブルスの試合、もっと楽しくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

    ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。強いペアは、ここぞというポ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう
  2. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと
PAGE TOP