ダブルス

強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?

「相手ペアは、実力差がある組み合わせだから、弱い選手を狙おう・・・」と思っていたら、最終的に勝てない。

ポイントが獲れているようで、自分たちのペースにはならない・・・結果負けてしまう。

この理由、一緒に考えてみましょう。

 

強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

 


 

1.「弱い方が狙われる」なんて、相手は慣れている

相手ペアとしても、弱い選手が狙われるのは織り込み済。

実力的に上の選手からすると、いかにカバーして試合を進めていくかは、もう試合前からしっかり考えて準備している。

弱い選手も、「自分は狙われる」ことが分かっているから守備的に、しぶとくテニスしてくる。

アナタのペアは、どう戦えば良いのか、再度考えて挑まないと相手の思うツボ。

私がオススメするのは、あえて相手ペアの中枢の「強い選手」を序盤に攻撃していくことです。

 

2.実力が上でリーダーの選手、を調子に乗せてはダメ!

相手ペアが一番嫌なこと、困ることは何か。

それは、「実力が上の選手が、相手をコントロール出来なくなること」です。

つい上手い選手の方には打たないように避けてしまいがちですが、それではいつまで経っても相手のペースのまま。

「俺たちは、お前を怖がってはいないぞ!」というメッセージは、試合の序盤で早めに見せておく。

勇気を持って、中枢である選手の方から崩していくことが、試合に勝つ試金石になるのです。

 

3.奇襲を織り交ぜて、序盤に攻撃していこう

私がオススメするのは、奇襲作戦。

上手い選手が前衛、にいるときにストレートアタック、サーブを打ってくるときにはリターンダッシュ。

とにかく正攻法以外のやり方で、相手の上手い方の選手を揺さぶっていきましょう。

相手からしても、「あれ?俺の方から攻めてくるの・・・?」と意表を突かれるはず。

相手ペアも、「自分を引っ張ってくれると思ってたのに、やられてるな・・・」と不安でいっぱいになる。

奇襲作戦を序盤に入れて、相手ペアにはどんどん迷ってもらうようにしましょう。

 

実力差があるペアには、しっかり準備したい。

相手が考えていることの、逆をやってみる。

想定内、で相手がテニスを進めているうちは、試合に勝つのは難しいでしょう。

少しの勇気で、実は奇襲が正攻法を上回る。

ダブルスの試合、もっと楽しくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について

    よく言われる、「ワイドに打ったら、ワイドをケア!」「ストレート…

  3. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

    ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。ちょっとしたステップで…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  6. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来ます!

    学生ペアの試合で、よく観るのは2バックで粘る相手に苦戦する並行陣ペア。…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?
  2. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分…
  3. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です
PAGE TOP