テニス ストローク

リターン

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

テニスの試合は、シングルスかダブルス。

色々やることは変わって来ますが、一番変化があるのはリターン、でしょう。

この違いを理解出来ていれば、そう簡単にサーブで押し切られることも無い。

自分の中で、どう違いを作るのか。

両方出ている方も、専門でチャレンジしている方も、今一度リターンのポジションについて考えてみましょう。

 

リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

 


 

1.シングルスの場合は?

相手は1人、サーブを打って来る相手。

ですから、基本気楽で良いと私は思います。

甘いリターンでも、そう簡単には決まらない。

ダブルスのような前衛がいないので、まずは返す、サーブを打った相手にもう一度打たせることが大事になって来ます。

シングルスの場合、サーブが返せないともったいないですからね。

まずは返す、のを優先するので、ポジションは少し下がり目でも良い。

ファーストサーブはハッキリ下がってみると、相手もやり辛いと思いますよ。

 

2.ダブルスは・・・?

今度は、相手の前衛がいます。

ですから、サーブを打った相手、ともう一人敵がいる。

これが厄介なんですよね。

しかも、前にいるから簡単なボールでリターンすると、その時点で決められてしまう。

では、どうするのか。

リターンのポジションで言えば、私は前に入ることが大事だと考えています。

相手サーブ選手との、距離を詰める。

ということはつまり、相手の前衛との距離も詰めるということ。

距離が短くなればそれだけ、打ってから反応、ボールに触れるまでの時間が無くなりますから、そう簡単に前衛は参戦出来ないでしょう。

これがベースラインより下がった場所からリターンしていると・・・前のスペースも使われるし、ポーチにも出やすい。

強い相手は、このあたりを見逃してはくれません。

 

3.ダブルス用リターンは、そのままシングルスでも使える

私は、この「ダブルス用リターン」をぜひ身に付けて欲しいと思っています。

コートの内側に入って、サーブをライジングショットのようなリターンで返す。

なぜなら、シングルスでも使えるから。

相手がセカンドサーブになって、リターンダッシュでプレッシャーをかけることも出来る。

前に出なくても、ライジングでリターンするだけで相手サーバーはビビってくれます。

良いコースに入れば、ウィナーにもなる。

ダブルス用リターン、が出来ればシングルスでも強いんです。

 

4.逆に、シングルスリターンしか出来ないと・・・

ダブルスの試合では、戦えませんよね。

並行陣のような相手、サーブ&ボレーが上手い相手からすると、前にドロップを打てばもう得点。

簡単にやられてしまいます。

よっぽど相手のサーブが触れない、手も足も出ない時にだけ、下がるのは有りですが。

シングルスのリターン、ではなかなかダブルスは戦えない。

プロ選手の試合を観るときも、ぜひこのリターンのポジショニング、は意識してみて下さい。

シングルスの試合のファーストサーブ、でかなり下がっているのには理由があります。

プロ選手はサーブが凄いのと、自分自身が脚力があるから、ですね。

 

もっともっと、カスタマイズしていきましょう。

リターンのポジションを変えて、試行錯誤してみる。

アナタ自身で、どのあたりまで前に出れるのか、下がれるのか。

ぜひ、意識して普段の練習から、探ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  2. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  5. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

  6. テニス メンタル

    リターン

    セカンドサーブを思いっきり打って来る相手、への対応策について

    たまに試合で、こんな相手と対戦することありませんか?セカンドサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  2. 戦術

    相手を見てプレーする、そのコツは?
  3. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから
  4. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める
  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
PAGE TOP