テニス ストローク

リターン

ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね。

でも、ちょっと待って下さい。

踏み込んで、コートの内側に入っているリターンは・・・その後、どうなりますか?

ココの部分、ハッキリさせておきましょう。

 

ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

 


 

1.踏み込んで打った後の、ポジションって?

リターンは待つのではなく、前に踏み込むのが大事。

この必要性は、何度も書いてきました。

でも・・・実際にリターンを打った後、そのポジションはどうですか?

実は、危ないポジションにいる、ということに気付いて欲しい。

そう、ベースラインとサービスラインの間、デッドゾーンで打ち終わっているはずなんです。

 

2.前に出るのか、下がってストロークなのか

選択肢は、2つあります。

1つはそのままリターンを打って前に出て、ボレー戦に持ち込む。

これが一番、オススメのパターンです。

でも、ストロークが得意という方は、下がって応戦するのも良い。

そのときには、打ったらパッとベースラインまで下がる、これも一つの作戦でしょう。

とにかく、打った後にその場所にいると・・・非常に中途半端な感じになってしまう。

このことだけは、覚えておいて下さい。

 

3.リターンの結果を見て、では絶対にダメ

「もしリターンが良い感じなら、前に行こうかな・・・」というのは、一番ダメなパターン。

そんな自分のボールを見る、なんて時間は無いですよ。

多少甘くなっても、前に出ると決めていたら前に出る。

もしもリターンが浮いてしまったら、素早く相手の攻撃に備える、それだけです。

ポジションをハッキリさせる、その決意はリターンを打つ前に。

きっとダブルスでも、有効なリターンが打てるはずです。

 

踏み込んだリターン、レベルが高いテニスの試合では必要です。

特に、ダブルスですね。

打った後のポジションは、予め決めておく。

普段の練習から、どんどんポジションを変えていくこと、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  4. テニス ストローク
  5. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

特集記事

  1. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
PAGE TOP