テニス ストローク

リターン

ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね。

でも、ちょっと待って下さい。

踏み込んで、コートの内側に入っているリターンは・・・その後、どうなりますか?

ココの部分、ハッキリさせておきましょう。

 

ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

 


 

1.踏み込んで打った後の、ポジションって?

リターンは待つのではなく、前に踏み込むのが大事。

この必要性は、何度も書いてきました。

でも・・・実際にリターンを打った後、そのポジションはどうですか?

実は、危ないポジションにいる、ということに気付いて欲しい。

そう、ベースラインとサービスラインの間、デッドゾーンで打ち終わっているはずなんです。

 

2.前に出るのか、下がってストロークなのか

選択肢は、2つあります。

1つはそのままリターンを打って前に出て、ボレー戦に持ち込む。

これが一番、オススメのパターンです。

でも、ストロークが得意という方は、下がって応戦するのも良い。

そのときには、打ったらパッとベースラインまで下がる、これも一つの作戦でしょう。

とにかく、打った後にその場所にいると・・・非常に中途半端な感じになってしまう。

このことだけは、覚えておいて下さい。

 

3.リターンの結果を見て、では絶対にダメ

「もしリターンが良い感じなら、前に行こうかな・・・」というのは、一番ダメなパターン。

そんな自分のボールを見る、なんて時間は無いですよ。

多少甘くなっても、前に出ると決めていたら前に出る。

もしもリターンが浮いてしまったら、素早く相手の攻撃に備える、それだけです。

ポジションをハッキリさせる、その決意はリターンを打つ前に。

きっとダブルスでも、有効なリターンが打てるはずです。

 

踏み込んだリターン、レベルが高いテニスの試合では必要です。

特に、ダブルスですね。

打った後のポジションは、予め決めておく。

普段の練習から、どんどんポジションを変えていくこと、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  2. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  5. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

    春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。まず、…

  6. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

特集記事

  1. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  3. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  4. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
  5. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する
PAGE TOP