テニス メンタル

メンタル

テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。

色々なスポーツ、もある話だと思いますが、テニスという競技はより、その差が大きく現れやすいと私は思っています。

能動的に自分から行動出来るのか、それとも受動的にしか行動出来ないのか。

この差は大きな実力差になって、現れるでしょう。

 

テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

 


 

■指導されることに慣れてしまうと、テニスは上達しない

考え方、だとは思いますが、私はあまり「答え」を教えるような指導が良いとは思えない。

このサイトでも、短い文章だけでヒント、しか書いていない。

それは、私も読者の皆さんのテニスを見たことが無いし、自分の考えを文章で伝えることしか出来ないから。

試してみて、違うと思えば止めれば良いし、アナタのテニスは能動的にアナタが決めていって良い。

でも、自分で決めてテニスを上達させていく、というのが苦手なのが日本の子供たち。

いや、私たち大人もそうかも知れませんね。

受動的な選手の方がテニススクールでもコーチは楽、かも知れませんし。

ですが指導される、導かれることに慣れてしまうと、その先の成長が難しい、のがテニスです。

 

■アナタが出来るテニスは、もっと無限に拡がっている

テニスというスポーツは、選択肢が多い。

どのポジションでプレーしても良い、何せノーバウンドで打ってもワンバウンドで打ってもOK、という競技ですからね。

自分で選択出来る幅が広い、ということにまずは「よし!好きに出来る!」と感じることが出来るかどうか。

能動的な人であれば、何かを自分で工夫しようとするはず。

その方が、楽しいですしね。

自分から動いている人ほど、感覚が敏感になるから色々なことが吸収出来るし、そのスピードも速い。

受動的だと、何もかもが「鈍感」になってしまうんですよね。

 

■受動的な人が、なぜ「鈍感」になってしまうのか

それは、テニスの中に「自分以外」の要素が増えるから。

「この打ち方は、○○コーチに教わったから」

「メンタルが弱いのは、仲間がみんなやる気無いから」

「試合に負けたのは、相手が強かったから」

そこに、「自分」という主語が無いので、何かを感じる必要が無いし、感じたいと思わない。

能動的な人は、自分が自分のテニスを動かしていると思っているから、そんな他人事じゃない。

鈍感になってしまうのは、自分をどこかに置き忘れて来ているから。

今からでも、取り戻しにいきませんか?

 

これって、テニスだけの問題じゃない。

私もいつも反省の繰り返しですが、人は「自分」を主語にした瞬間に、責任を負いますからね。

危機感、との戦いでしょう。

でもその乗り越えた先で上達して、試合に勝てると、テニスはもっと楽しくなる。

その時には、きっと自分のテニスが他人事じゃなくなっている、はずです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術

    試合前に、毎回私がやっていること。今回は、すごくシンプルですが…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  4. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  6. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です

    「あ、この試合はもう終わったな・・・」と、周りから観ていて分か…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
  2. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  4. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  5. 戦術

    ダブルスの試合を、配球で制したいなら
PAGE TOP