テニス リターン

メンタル

「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

あと少しで勝てそうなのに、追いつかれてまくられる。

マッチポイントを握ってからが長い・・・という皆さんの声、たくさん頂きます。

私もそうでしたが、テニスの試合って時間切れが無いルールなので、メンタル的にも勝ち切る準備が必要。

私なりに必要な要素、まとめてみました。

 

「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

 


 

1.6-4で勝てれば充分、という意識で準備

完璧に勝とうとしない、まずはしっかり競っていく。

これは相手の実力が上の場合でも下の場合でも、同じです。

観察して弱点を突く、為にも3-3、4-4で進んで「想定通り」。

最初からエンジン全開、序盤から集中力高く試合に入ることは大事ですが、圧勝するようなイメージは捨てて入りましょう。

 

2.試合後半に崩れる要素を減らす

試合後半、アナタが5-4のようにリードした場面を想定してみる。

そこから、いつも崩れていく要素は何でしょう?

恐らく、ファーストサーブが入らない、リターンミスが増える、といった「最初のショット」が肝になってくるはず。

ココだけしっかり丁寧に、試合の後半はラリーに持ち込むくらいの意識でちょうど良い。

プレッシャーは相手にもかかっている訳ですからね。

 

3.自分の得意パターンを頼る

勝ち切れない人は、最後に自分の得意な形を出せない人が多い。

せっかく練習して準備してきたのであれば、勝ち切る為には実践あるのみ。

具体的に、何で勝負していくのか。

ネットプレー、ドロップショット、並行陣・・・色々と具体案はあるはずです。

練習してきた自信、を試合中に思い出すことが勝ち切るコツ、でもあります。

 

4.試合を「終わらせる」と思わない

勝ちたい意識が強すぎると、試合を終わらせようとしてしまう。

もちろん、間違いでは無いし良い方向に働くこともあるのですが、無理やり感が出てしまって自滅することも多い。

大事なのは、「自分がやるべきことをやって、試合は勝手に終わる」くらいの意識。

ポイントのシチュエーションによってプレーは変えますが、自分はやり切るだけ、という気持ちでいると試合は少し楽になれる。

終わらせる、と強引に考える必要はありません。

 

勝ちたい、最後を獲り切る、という意識は大事。

人はそれぞれ性格、メンタルも異なりますので、何が良いという答えはアナタなりに見付けるしかない。

ちょっとしたキーワードかも知れないし、何かの動作、ルーティーンなのかも知れない。

悩むだけでなく、ちょっとずつ自分を変えていくこと。

今年はぜひ、チャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  2. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ

    試合の中で、「緊張して緊張して、自分のプレーが出来ない・・・」ような人…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  4. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと

    テニスの試合に、勝つ、負ける。これは、何もテニスコートだけで起…

  5. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

    2年前、ある高校生の試合を観ていました。それは団体戦で、とある…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
  4. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
  5. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?
PAGE TOP