テニス 気付き

メンタル

テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

テニスの試合は、必ず勝敗がつく。

あの全豪オープン決勝、フェデラー選手とナダル選手との試合だって、引き分けにはならない。

だからこそ、試合は面白いとも言える。

でも勝つために、何が必要か。

それは、周りとの「違い」を作ることに他ならないのです。

その覚悟、アナタにはありますか?

 

テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

 


 

1.個性的な選手は、日本から確実に減っている

学生でもジュニア選手でも、最近は本当に上手い選手は多い。

でも一風変わった、何か自分の技術にこだわりがあるような選手は、減ったように思う。

簡単に負けない、でも強い相手に勝つことも少ない・・・。

いや、昔も大して今と変わらなかったのかも知れない。

なぜなら、皆さんご存知の通り日本は「周りと同じ」ことが高く評価される国。

これって、テニス選手としては非常に危機感を覚えないといけない部分。

だって、みんなと同じなら、勝つ為の違い、を作ることが難しい訳ですから。

 

2.人との違いを、どこで作るのかを考えていこう

学生の皆さんでも、ベテランやご年配のシニアプレイヤーの方でも、一緒です。

周りとの違い、目の前の対戦相手との「差」をどこで作るのか。

私なら、まずショットの「多彩さ」で勝負したい。

そしてこんな記事を書いているくらいですから、相手を観察して弱点を突いていくのは得意にしている、と思っています。

ここで差を作って、相手に勝つ。

もちろん、負けることだってたくさんあります。

ですが、それは自分が作った違いを、相手が更に凌駕してくる「何か」で抑え込んできたとき。

まずもって、自分に「差」を作れるどんなテニスが出来るのか、を考えておくことが大事です。

 

3.無意識に生活していれば、人は「普通」で終わる

試合に勝ちたいなら、無意識に生活していてはダメ。

漫然と練習して、周りに何一つ好奇心を抱かないようでは、テニスの上達なんて見込めない。

いや、上手くはなるでしょう。

ですが、相手との違いを生み出せる強さは身に付かない。

なぜなら、それは自分自身で見つけ出す、非常に深い部分の作業だから。

普通でいることに、どこか危機感を持ちましょう。

そこから、アナタのテニス選手としての自立が始まるのです。

 

学校の部活、サークル、「そんなに大げさな話にしなくても・・・」と、思った方、多いでしょう。

確かにそうかも知れません。

ですが、私は思うんです。

遊びのテニス、趣味のテニスでも、そこで自分を確立できない人は仕事も勉強もきっと難しい。

テニスだからこそ、頑張ってみることに価値があるんだと思います。

「普通」を卒業、してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. メンタル

    集中力を高めて、ミスを減らすには?

    基本的なミスを、減らしたい。誰もが、テニスの試合で考えること…

  2. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    駆け引きで負けても、喰らい付くことの重要性

    例えば、ダブルスでリターンをクロスに打つ。そこに、相手の前衛が…

  5. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!

    テニスの実力、それぞれのショットは普通なのに、なぜか試合で勝ち上がる。…

  6. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には耐えられない

    今の自分が上達出来ないのは、厳しい練習が足りないから・・・。も…

特集記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  2. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう
  3. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
  5. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要
PAGE TOP