テニス 気付き

メンタル

テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

テニスの試合は、必ず勝敗がつく。

あの全豪オープン決勝、フェデラー選手とナダル選手との試合だって、引き分けにはならない。

だからこそ、試合は面白いとも言える。

でも勝つために、何が必要か。

それは、周りとの「違い」を作ることに他ならないのです。

その覚悟、アナタにはありますか?

 

テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

 


 

1.個性的な選手は、日本から確実に減っている

学生でもジュニア選手でも、最近は本当に上手い選手は多い。

でも一風変わった、何か自分の技術にこだわりがあるような選手は、減ったように思う。

簡単に負けない、でも強い相手に勝つことも少ない・・・。

いや、昔も大して今と変わらなかったのかも知れない。

なぜなら、皆さんご存知の通り日本は「周りと同じ」ことが高く評価される国。

これって、テニス選手としては非常に危機感を覚えないといけない部分。

だって、みんなと同じなら、勝つ為の違い、を作ることが難しい訳ですから。

 

2.人との違いを、どこで作るのかを考えていこう

学生の皆さんでも、ベテランやご年配のシニアプレイヤーの方でも、一緒です。

周りとの違い、目の前の対戦相手との「差」をどこで作るのか。

私なら、まずショットの「多彩さ」で勝負したい。

そしてこんな記事を書いているくらいですから、相手を観察して弱点を突いていくのは得意にしている、と思っています。

ここで差を作って、相手に勝つ。

もちろん、負けることだってたくさんあります。

ですが、それは自分が作った違いを、相手が更に凌駕してくる「何か」で抑え込んできたとき。

まずもって、自分に「差」を作れるどんなテニスが出来るのか、を考えておくことが大事です。

 

3.無意識に生活していれば、人は「普通」で終わる

試合に勝ちたいなら、無意識に生活していてはダメ。

漫然と練習して、周りに何一つ好奇心を抱かないようでは、テニスの上達なんて見込めない。

いや、上手くはなるでしょう。

ですが、相手との違いを生み出せる強さは身に付かない。

なぜなら、それは自分自身で見つけ出す、非常に深い部分の作業だから。

普通でいることに、どこか危機感を持ちましょう。

そこから、アナタのテニス選手としての自立が始まるのです。

 

学校の部活、サークル、「そんなに大げさな話にしなくても・・・」と、思った方、多いでしょう。

確かにそうかも知れません。

ですが、私は思うんです。

遊びのテニス、趣味のテニスでも、そこで自分を確立できない人は仕事も勉強もきっと難しい。

テニスだからこそ、頑張ってみることに価値があるんだと思います。

「普通」を卒業、してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう

    試合の中で、劣勢の場面。こういう時に、何を考えると試合の流れが…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

    テニスの試合に、引き分けはありません。大会に出れば、言い方は悪…

  3. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議

    テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててます…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
  2. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと
  5. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技…
PAGE TOP